ニュース

日本水路協会の簡易海図を収録、釣り人向けアプリ「海釣図」

 昭文社の子会社であるマップル・オンは、スマートフォン向けアプリ「海釣図(かいちょうず)〜GPSフィッシングマップ〜」の提供を開始した。スマートフォンアプリとして初めて日本水路協会の航海用電子参考図を収録したことが大きな特徴。利用料はAndroid版、iOS版ともに月額400円(税込)。

 「海釣図」は、釣り人向けの情報を細かく収録した海釣り用のマップアプリ。日本水路協会の「new pec(ニューペック)」を収録しており、1/25,000の詳細地図上で、最大1m間隔の等深線、魚礁、定置漁具の位置、危険な場所などをチェックできる。

 通常、new pecはパソコン向けに提供され、その価格は、たとえば東京湾周辺のデータの場合、2万円弱(日本水路協会ネットショップ)する。マップル・オンによれば高価なGPS対応魚群探知機などに採用されており、一般的なユーザーにとっては高価なものだという。一方、今回は、2級船舶の航行範囲である5海里(約9km)の範囲に限定することで、利用しやすい価格帯で提供されることになった。

 提供エリアは房総半島〜相模湾エリア(外房北部、外房南部、南房、三浦半島・内房、相模湾、東伊豆)。今後、提供エリアは順次拡大される。

(関口 聖)