ニュース

どの病院でもスムーズに治療を、ドコモなどがクラウドソリューション

 NTTドコモとスキルアップジャパンは、同じ病院での医者同士、あるいは異なる病院間で、CTスキャンなどの写真をシェアしたり参照しながら連絡したりできるソリューション「JOIN(ジョイン)」を8月4日より提供する。

 「JOIN」はクラウドサーバーを活用する医療機関向けのソリューション。どの病院を訪れても適切な処置を受けられるよう、本ソリューションが開発された。

 CTやMRIの写真(医用画像)の共有機能として、同一病院、あるいは異なる医療機関間で、セキュアな状態で共有できる。また医療関係者同士が、その画像を見ながらリアルタイムに言葉を交わし連絡をとれる、コミュニケーション機能も用意されている。利用料は施設あたり月額8万円〜、1ユーザーあたり900円。

 これまでもCTやMRIによる写真データを共有するシステムは存在するが、専用サーバーを病院内に設置して運用担当者も必要だった。一方、「JOIN」はクラウド型であり、従来よりも設置費用や運用負担を軽減できることがメリットという。スキルアップジャパンでは医療向けソフトウェアの開発実績を活かして、「JOIN」のシステム開発を担当、ドコモが各医療機関や自治体へ営業をかける。すでに、東京慈恵会医科大学附属の4病院など全国15の病院での導入が予定されている。

(関口 聖)