ニュース

「LINE」スマホ版、4桁のPINコード入力機能

 LINEは、スマートフォン向けのアプリ「LINE」で、ログイン時、4桁の数字(PINコード)の入力を求める新機能を7月17日15時より提供する。設定すれば、電話番号の異なるスマートフォンからログインする際に入力する必要がある。

 PINコード入力機能は、ユーザーが事前に設定することで利用できるもの。強制的なものではなく、任意で利用する形だが、LINEでは不正ログイン対策として利用を推奨している。同じ電話番号のままであれば入力は不要で、たとえば機種変更後も番号が変わらなければ入力することはない。ただし、電話番号が変わる場合では、事前に設定しておき、入力することになる。もし第三者が不正に入手したユーザーのIDとパスワードを使ってログインしようとしても、PINコードが事前に設定されていれば、必ず入力が必要になり、不正ログインの防止に繋がる。

 PINコードの設定は、設定メニューの「アカウント」→「PINコード」から行う。4桁の数字を2回入力して登録する形となり、「1111」や「1234」といった単純なもの、あるいは自分の誕生日など想像しやすいものは用いないよう案内している。

 6月ごろより、LINEでは、不正ログインが相次ぎ、友人を装って電子マネーの購入を促し、金銭を詐取する事例も報告されている。LINEでは、他社から流出したメールアドレスとパスワードを使い、同じものを使っていれば不正ログインを招くとして、ユーザーにパスワードの変更を呼び掛けていた。また最近ではパソコン版「LINE」の初回ログイン時に認証番号の入力が必要となっていた。

(関口 聖)