ニュース

軽量・コンパクト、選べるリアカバーのPHS端末「STOLA 301KC」

 ワイモバイルから発売される「STOLA 301KC」は、京セラ製のPHS端末「STOLA(ストラ)」シリーズの最新モデル。本体カラーはブラックとホワイトの2色だが、ライトピンク・ピンク・オレンジ・ブルー・ライトグリーンの選べる5色のリアカバー(別売)があり、カスタマイズが可能。発売日は8月1日。端末価格は、W-VALUE割引適用で0円。リアカバーの価格は未定。

STOLA 301KC/ブラック
ホワイト

 STOLA 301KCは、重さ75gと軽量で、118×46×13.9mmのコンパクトボディが特徴の京セラ製PHS端末。1.8インチの液晶ディスプレイを搭載している。

 前モデルより追加された機能は、災害発生時にメールで知らせる「緊急速報メール」や、迷惑電話を自動で判別・警告する「モバイル迷惑電話チェッカー」機能。また、2014年10月には、ソフトウェア更新によりSMSの利用が可能になる予定。

 これまで通り、PHS端末ならではの省電力性は引き継がれており、連続通話時間は10.5時間、連続待受時間は1020時間。1回のフル充電で、充電なしでも1週間(毎日、通話60時間、ライトメール10回の送受信が目安)はもつとしている。担当者によると「何もしない状態であれば1カ月もつ」とのこと。取り外し可能な充電式リチウムイオン電池を内蔵している。バッテリーの容量は800mAh。

 前モデルでは、横並びになる3つのキーが繋がっていたが、301KCではそれぞれ独立させたドーム状のキーを配置することで、押し間違えにくくなり操作性を向上させた。また、キー横の位置にあたる側面部分に波状のカーブを施したことで、よりスムーズなキー操作ができるように工夫されている。

 今回同社から発表されたPHSのラインナップの中では、機能を絞っているモデルで、“多機能なスマートフォンとは対照的”とされる位置づけ。「通話とメールができればいい」と考えるユーザーや、通話の多いユーザー、スマートフォンとの2台持ちなどに向いているとしている。

リアカバー(ブルー)
(ライトグリーン)
(ライトピンク)
(オレンジ)
(ピンク)
主な仕様
項目 内容
通信方式 PHS方式(1.9GHz)
大きさ、重さ 約118×46×13.9mm、約75g
カラー ブラック、ホワイト(別売のリアカバー:ライトピンク・ピンク・オレンジ・ブルー・ライトグリーン)
液晶画面 1.8インチ
解像度 128×160ドット
連続通話時間 約10.5時間
連続待受時間 約1020時間
ブラウザ
JAVA
Flashプレイヤー
赤外線通信
Bluetooth
カメラ
防水
防塵
耐衝撃
Eメール
POP3/SMTP対応
ライトメール
リモートロック
管理者ロック
メモリーカードスロット
イヤホンジャック
その他機能 緊急速報メール、モバイル迷惑電話チェッカー
SAR値 0.177W/Kg

(川崎 絵美)