ニュース

日本のスマホ料金は高い!? 総務省が世界7都市の通信料を比較

 総務省は、毎年実施している通信サービスの価格差の調査を行い、結果を公表した。対象は東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの7都市で、ブロードバンド、携帯電話、固定電話について価格差の調査が行われている。調査は代表的な利用モデルを構築した上で比較しており、利用形態が異なると料金も異なることから、あくまで指標のひとつとして捉えるべきとしている。

 調査結果の概要によると、スマートフォンについては、データ通信量において、月間で2GB程度になる人を一般ユーザー、500MBをライトユーザーとして、2つのモデルに分類された。一般ユーザーは東京が7263円で、7都市中4番目に安かった。最も安いのはストックホルムの4313円、最も高いのはニューヨークの1万308円。ライトユーザーは東京が7263円で、安さで7都市中6位となり、ニューヨークの8018円に次ぐ高めの結果になった。

 音声通話のみの利用で比較したフィーチャーフォンは、東京が1578円で2番目に安く、最安はロンドンの1553円、最高はニューヨークの4009円だった。

スマートフォンの料金比較、一般ユーザー 出典:総務省
スマートフォンの料金比較、ライトユーザー 出典:総務省

新料金プランでは

 スマートフォンの調査では参考結果として、ドコモの新料金プランでも比較されている。家族4人でデータをシェアするというモデルで、同等の内容で各都市を比較すると、東京は一般ユーザーで7都市中4番目、ライトユーザーでは7都市中、僅差で5番目になった。

新料金プランによるスマートフォンの料金比較 出典:総務省

比較条件

 調査で明らかにされた内容のうち、携帯電話については、日本のユーザーの利用実態をもとにモデルを設定、ポストペイド型プランの料金で比較されている。

 通信キャリアは、東京はNTTドコモ、ニューヨークはVerizon Wireless、パリはOrange Franceなどで、各都市で最もシェアの高い事業者が選定されている。料金プランは、東京のドコモのスマートフォンは「タイプ Xi にねん」「Xi パケ・ホーダイライト」、フィーチャーフォンは「タイプ S バリュー」で、「ファミ割 MAX50」が適用されたもの。

 月間の利用実態をもとにしたモデルは、スマートフォンは音声通話が47分、メールを338通(送信159通)となっており、データ通信の利用実態から、月間2GBの一般ユーザー、月間500MBのライトユーザーの2つに分類されている。フィーチャーフォンは音声通話の利用のみで比較し、音声通話は82分となっている。

 調査ではこのほか、為替レートによる比較や、固定電話、ブロードバンドについても結果が明らかにされており、調査対象となったモデルではニューヨークが全般的に高いことや、東京はスマートフォンでやや高止まりしているものの、通信料金全般では安い傾向が明らかになっている。

各都市の比較 出典:総務省

(太田 亮三)