ニュース

スマホの月額料金は“4045円が適正”との調査結果

 MMD研究所が実施した「スマートフォンの通話、利用料金に関する調査」によると、月々のスマートフォンの料金は平均6514円、適正だと思う月額料金は平均4045円との結果が出た。その他、格安SIMカードに関する調査結果も公開している。

 同調査は、2014年7月10日〜7月14日にかけて20代〜50代のスマートフォン利用者892人を対象に実施したインターネットでのアンケートによるもの。

スマホユーザーの64%が料金に不満

 スマートフォン所有者892名にスマートフォンの月額料金を聞いたところ、平均で6514円という結果となった。スマートフォンの月額料金に関しては、64.5%が不満を持っており、適正だと思う月額料金については平均で4045円となった。同調査結果から、適正だと思う料金と実際に支払っている料金に、約2500円の開きがあることがわかった。

スマートフォンの月額料金

キャリア以外の電話サービスは「LINE電話」が圧倒的

 通話に関するアンケートで、キャリア番号(090/080/070から始まる番号)以外の通話サービス・アプリの利用について聞いたところ、58.9%がキャリア番号以外の通話サービス・アプリを利用したことがあると回答。利用したことがあると回答した525人に利用したことのある通話サービス・アプリを聞いたところ、最も利用率が高かったのは「LINE電話」で75.0%、次いで「Skype」が33.9%、「楽天でんわ」が11.8%という結果になった。

利用したことがある通話アプリ・サービス

格安SIMカード、知っている人の利用率は18%

 また同調査では、格安SIMカードの認知度についてもアンケートを行った。「よく知っている」「だいたい知っている」「名前を聞いたことがある」までを含めた認知率は84.1%という結果になった。合わせて「よく知っている」「だいたい知っている」と回答した人の利用率を調査したところ、18.0%という結果になった。また、今後格安SIMカードが普及するかについては「普及すると思う」「まぁまぁ普及すると思う」を合わせると49.9%が「普及する」と回答している。

格安SIMカードの認知度/格安SIMカードの普及予測

 このほか同調査では、格安SIMカードを利用したことがない345人に利用しない理由を聞いたところ、「どのSIMを選んでよいかわからない」が34.8%で最も多く、次いで「携帯会社との契約が残っている(33.9%)」、「サポートが不安(20.0%)」といった結果になった。

格安SIMカードを利用しない理由

 今回MMD研究所では、これらの調査結果に加え、格安SIMカードのデータ通信量、料金、オプションなどを独自にまとめたという比較表を公開している。

SIMカード比較表(クリックして拡大)

(川崎 絵美)