ニュース

タイメックス、3G通信付きのスマートウォッチ「IRONMAN ONE GPS+」

クアルコム、AT&Tと協業

 米国の時計メーカータイメックス(TIMEX)は6日、クアルコムとAT&Tの協業により作られた3G通信機能搭載のスマートウォッチ「TIMEX IRONMAN ONE GPS+」を発表した。今秋に、タイメックスとAT&TのWebサイトと取扱店舗で販売される。2015年には、世界各国で順次発売される予定だが、日本での発売は未定。

「TIMEX IRONMAN ONE GPS+」

 タイメックスの直販サイト「timex.com」では、399.95ドル(約4万円)で先行予約の受付を開始した。

 「TIMEX IRONMAN ONE GPS+」は、手元にスマートフォンがなくても、ワイヤレス接続が可能な3G通信を搭載した独立型のスマートウォッチ。メッセージの送受信やGPSによる追跡機能を備えている。これにより、たとえばマラソン大会などで、ランニング中の場所を、家族や友人のスマートフォンに知らせることができる。また、「RunKeeper」、「MapMyFitnesss」などのフィットネス向けスマートフォンアプリと連携し、活動量を記録することも可能。

 クアルコムのmirasolテクノロジーにより、野外の明るい場所でも見やすい高解像度のタッチディスプレイを搭載している。このほか、水深50mまでの耐水性能も備えており、水泳時にも利用できる。

(川崎 絵美)