ニュース

IIJmioの契約数は約20万件に、音声・MNP対応で増加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供している個人向けMVNO「IIJmio」のLTE対応サービスの回線数が、6月末時点で20万5000件になった。2014年度第1四半期の決算で明らかにされたもので、「IIJmio」のLTE対応サービスの回線は第1四半期で3万6000件の増加、売上高は6億9000万円になった。

 同社によれば、「IIJmio」のLTE対応サービスでは、回線交換による音声通話をサポートしたプランや、MNPに対応したことで契約数が増加し、音声回線は半数がMNPでの契約になった。これにより回線数は第1四半期で約3万6000件の増加になり、累計で約20万5000件になった。

 なお、同社のサービスでは1契約で複数の回線を契約できるため、「契約数」は回線数の約20万5000件より若干少なくなる。

 店頭での施策については、ビックカメラ有楽町店で実施している受付カウンターを関西・中部地域にも拡大していく方針。IIJではこのほかにも、ハイホーブランドでの提供や、複数社へのOEM提供も行っており、OEM提供による契約件数は30万件を超えている。法人向けとして大口のMVNE案件が複数進行中としており、事業全体が拡大していく見通しを示している。

(太田 亮三)