ニュース

今回はカーボンで軽量化、スタイラスペン「Su-Pen」の新モデル

キャップレスでペン先を守る新機構も採用

Su-Pen P201S-T9C

 MetaMoJiは、iPad/iPhone用のスタイラスペン「Su-Pen」(スーペン)シリーズの新製品「T9モデル」を発表した。ドライカーボンを採用した「P201S-T9C」が3600円で9月11日に、アルミ素材の「P201S-T9DG」「P201S-T9CG」「P201S-T9NR」が3000円で10月2日に発売となる(価格はいずれも税別)。

 「T9モデル」の特徴は、キャップ不要でペン先を守る新機構「タートルガード」を採用したところ。同機構では、グリップ部分を回転させて引き上げ、ペン先をカバーするように固定させられるようになっており、持ち運びの際のペン先へのダメージを防げる。ペン先自体は、前モデルと共通。

 また、今回はペンの軸部分の素材が2種類用意される。ドライカーボン(CFRP)モデルは、軽量化にこだわって制作されたもので、アルミモデルよりも2gほど軽い。わずかな差ではあるが、実際に手にすると軽さの違いを体感できる。アルミモデルについては、ダークグレー、シャンパンゴールド、ネオンレッドの3色から選べる。

 なお、カーボンモデルは、東急ハンズおよびHameeとのコラボモデルとなっており、東急ハンズ店頭と東急ハンズ、Hamee、Amazon内のMetaMoJi直営店の各オンラインショップでは8月22日より先行して販売される。

【タートルガード機構の使い方】

(湯野 康隆)