ニュース

スマホアプリでこれまでにない臨場感、フジテレビでドラマ「SHARE」

 フジテレビジョン(フジテレビ)は、スマホアプリで番組内容を体験できる視聴者参加型番組「SHARE(シェア)」を放送する。シェアハウスを舞台に5人の男女が遭遇する不可解な出来事を、テレビ画面だけではなくスマートフォンを通じても楽しめる。放送は8月30日3時33分〜5時3分。監督は映像作家・小説家の長江敏和氏。

 「SHARE」は、ドキュメンタリー風の映像に仕上げられた“フェイクドキュメンタリー”スタイルの番組。舞台となるシェアハウスには、複数のカメラが設置され、そこでの出来事が、出演者の目線で表現される。さらに専用のスマホアプリを起動しながら観賞していると、番組ストーリーとリアルタイムに連動してギミックが発動。たとえば出演者が電話をかけると視聴者の手元にあるスマホが鳴る、あるいは盗撮カメラの映像をテレビで流していると、別アングルの映像をスマホで観るといった楽しみ方ができ、これまでにない臨場感を味わえるのだという。

 ストーリーでは、ある謎を解き明かすことになり、視聴者はスマホアプリを通じてその解答を入力し、正解していれば本当の結末がわかる。

(関口 聖)