ニュース

避難場所、危険度など防災情報を地図で提供「Google 防災マップ」

東京都の防災情報と連携、NTT東日本の公衆電話の場所も

 Googleは、事前に知っていることで災害発生時に役立つ情報を得られる「Google 防災マップ」の提供を開始した。火災救助の困難度、建物倒壊の危険度や、避難場所などの情報を確認できる。まずは東京都を対象に、「東京都防災情報」と、「公衆電話・特設公衆電話(東日本)」の大きく分けて2種類の情報の提供が開始されている。

 「東京都防災情報」は、東京都都市整備局が公開する調査結果や、避難場所などのデータを地図上に表示するもの。具体的には、「避難場所」「地区内残留地区」「火災危険度」「建物倒壊危険度」「災害時活動困難度を考慮した総合危険度」の5項目が用意されており、地図上に重ねて表示される色で、危険度などを確認できる。また、NTT東日本から提供を受けた公衆電話の場所も地図上で確認できる。

 今回提供が開始された「Google 防災マップ」はパソコン、スマートフォンから利用が可能。「Google クライシスレスポンスサイト」内で提供されており、スマートフォン向けには短縮URLも用意されている。

 このほか、8月29日〜9月5日の防災週間には、KDDIの協力により、発生中の災害の情報を確認できる「Google 災害情報マップ」に、「au 携帯電話サービス復旧エリアマップ」の情報が提供される。

(太田 亮三)