ニュース

アップル、写真流出問題の調査結果により「欠陥はない」

アカウント乗っ取り防止のため、2段階認証を呼びかけ

 米アップルは2日、9月1日に明らかにされた著名人の私的な写真が流出された問題に関して、同社の調査結果を発表した。

 それによると、インターネット上で横行しているアカウントの乗っ取りが、著名人へ的を絞った攻撃によるものであったとしている。乗っ取られた理由について、ターゲット攻撃により、ユーザー名、パスワード、“セキュリティのための質問”をかいくぐり、被害に遭った可能性を説明している。

 米アップルでは、同社のエンジニアが40時間を超える調査にあたり、iCloudやFind my iPhoneなどのシステムの欠陥による流出ではないことがわかったとしている。犯罪者の特定に向け、捜査当局と協力を続けているという。

 このような乗っ取り被害に遭わないよう、Apple IDの2段階認証を有効にしておくことを呼びかけている。

(川崎 絵美)