ニュース

カシオ、スマホ連携でワールドタイムをすぐに設定できるアナログ腕時計

ソーラー充電、携帯探索やストップウォッチデータ転送機能も

 カシオ計算機は、Bluetooth Smartに対応し、スマートフォンと連携できるアナログ表示の腕時計として、「EDIFICE」シリーズの新モデル「EQB-500」を9月30日に発売する。価格はシルバーが4万円(税抜、以下同)、IP(イオンプレーティング)処理が施されるブラックが5万円。

シルバー「EQB-500D」
ブラック「EQB-500DC」
「EDIFICE」シリーズの新モデル「EQB-500」(左)とアプリ「CASIO WATCH+」(右)

 今回発売される「EQB-500」は、メタルのケースやブレスレット、アナログ表示、ソーラー充電機能「タフソーラー」などを特徴とする「EDIFICE」(エディフィス)シリーズの新モデル。

 新たにBluetooth Smart(Bluetooth 4.0)に対応することで、iOS、Androidのスマートフォンアプリ「CASIO WATCH+」と連携が可能になった。海外渡航時には、時計のボタンをワンプッシュするだけでアプリと連携し、サマータイムの有無も含めて、ユーザーがいる場所の時刻に自動的に修正できる。

 メインダイヤルで表示している、自分がいる場所(ホームタイム)以外の都市の時刻を表示できるワールドタイム機能を、文字盤の9時の位置にインダイヤルとして搭載。文字盤上で2つの都市の時刻を同時に確認できる。アプリでは地図やリストから300の都市を選択でき、選べばすぐにインダイヤルのワールドタイムに反映できる。また、時計のメインダイヤルとインダイヤルのワールドタイムをワンプッシュで入れ替えることもできる。

 アプリと連携する時刻の設定については、アプリが独自に時刻を取得するわけではなく、スマートフォンに設定されている時刻を利用する。このため、多くの場合は、基地局の時刻と同期するスマートフォンの時刻自動補正機能が、そのままアプリおよび腕時計に反映されることになる。別の時刻補正アプリを導入していたり、手動で時刻を変更したりした場合は、それらが腕時計に反映されることになる。

 このほか、アプリから腕時計のアラームなどを操作・設定可能。腕時計のストップウォッチ機能では、計測したデータをスマートフォン側に転送しログデータを作成できる。時計のボタンを押すとスマートフォンの音を鳴らす携帯電話探索機能、腕時計の操作で、新着Eメールの有無を確認する機能なども用意されている。

 文字盤のデザインには、Bluetooth連携専用のインデックスも用意されている。メインダイヤルの分表示における37分(7時を過ぎたあたり)の位置には、Bluetoothの接続準備中を示す「R」(Ready)が、53分の位置にはBluetoothのロゴマークが印字されている。内部はデジタル時計のため、盤上の針は歯車ではなく小型モーターで制御されている。このため、7時の位置に設けられたBluetoothボタンを押すと、秒針はまず「R」を指し示し、スマートフォンとの接続が確立すると、Bluetoothマークの位置を指す。Bluetooth連携モードを解除すると、秒針は正しい位置に戻り、秒針としての表示を再開する。

 また、上記の新着Eメールの有無は、4時の位置に設けられたスピードインジケーターの針で表示する。新着メールがあると「●」を指し、新着メールが無い場合は「○」を指すようになっている。

 動作確認済みのスマートフォンは、iOSがiPhone 4s(iOS 7)〜。AndroidはNTTドコモのGALAXY S5 SC-04F(Android 4.4)、GALAXY J SC-02F(Android 4.3〜)、GALAXY Note3 SC-01F(Android 4.3〜)、GALAXY S4 SC-04E(Android 4.3〜)、AQUOS ZETA SH-04F(Android 4.4)、auのGALAXY S5 SCL23(Android 4.4)、GALAXY Note3 SCL22(Android 4.3〜)、AQUOS SERIE SHL25(Android 4.4)、URBANO L03(Android 4.4)、TORQUE G01(Android4.4)、ソフトバンクのAQUOS Xx 304SH(Android 4.4)。

 腕時計本体は10気圧防水。アラームやストップウォッチ機能を備え、機内モードやバッテリー充電警告機能などを備える。電源はソーラー充電システムの「タフソーラー」。暗所で一定時間が経過すると運針を停止して節電するパワーセービング機能を搭載しており、パワーセービング状態では約33カ月間駆動できる。

 大きさは52×48.1×14.1mmで、重さは約199g。

今後はアナログ表示の時計が主力。スピリットは“デジタルドライブ”

 カシオ計算機は都内で2014年の秋冬モデルの発表会を開催し、「OCEANUS」(オシアナス)シリーズの新モデル「OCW-G1000−1A」と、「EDIFICE」シリーズの新モデル「EQB-500」の2モデルを中心にしたプレゼンテーションも行った。

 この中では、カシオが今後、市場が大きいアナログ表示の腕時計に本格的に注力していくことや、デジタルと小型モーターで構成した“デジタルドライブ”が特徴であることを強調。GPSやソーラー充電、電波時計といった機能性を追求する中でデザインも確立してきたとした。

 秋冬モデルで主力とする、ワールドタイムの精度や利便性を追求した2モデルについては「世界と同期するモデル」と紹介。企業のグローバル化にともない、「実用的なワールドタイムへの需要は高まっている」とした。

会場での展示

シルバー「EQB-500D」
ブラック「EQB-500DC」
概要
Bluetoothボタンを押したところ。長い秒針が「R」を指す
Bluetooth接続が確立すると秒針はBluetoothマークを指す
ワールドタイム機能。アプリでニューヨークを選んだところ。9時の位置にあるインダイヤルが動き始める
インダイヤルがニューヨークの時刻になった。メインダイヤルとインダイヤルをワンボタンで入れ替えることもできる
表示はアナログだが内部はデジタル構成。針はすべてモーターで制御される
スマートフォンと連携しワールドタイム機能を格段に使いやすくした
秋冬モデルの主力となるOCEANUS、EDIFICEの新モデル
「Global Time Sync」をコンセプトに掲げた
EDIFICEの「EQB-500」はアプリと連携
ワールドタイム機能として、インダイヤルで別の都市の時刻を表示できる。設定はアプリで指定するだけ
渡航先でもスマートフォンと連携すれば現地の時刻に自動修正
アラームなど腕時計の機能をアプリで簡単に設定できる

(太田 亮三)