ニュース

Android Wear搭載「Moto 360」、米国で9月5日発売

ステンレスケース、非接触充電などスペックも公開

 Motorolaは、Android Wear搭載の腕時計型端末「Moto 360」を米国にて9月5日に発売する。詳細なスペックも公開されている。

発売日時を告知する「Moto 360」のWebサイト

 「Moto 360」は、Googleがウェアラブル端末向けのプラットフォーム「Android Wear」を発表した際に、同時に発表されていた端末。伝統的な腕時計のスタイルを踏襲した丸型のケースはステンレス製で、シルバー系とダーク系の2色を用意。ベルト(バンド)には皮革を採用し、ブラック、グレー、ストーン(岩石模様)の3種類をラインナップしている。今後はメタルバンドも追加される予定。

 Android Wearを搭載することで、スマートフォンと連携したさまざまな通知を確認可能。音声認識によるボイスコマンドで操作が行えるほか、内蔵される歩数計、心拍計を利用したモニターも可能。

 時計を表示する際のデザインは、ミニマル、クラシック、デジタルなど6種類がプリインストールされており、好みに応じて切り替えられる。

 ディスプレイは1.56インチ、320×290ドット、205ppiの液晶ディスプレイで、表面にはCorningのGorilla Glass 3が採用されている。スマートフォン側はAndroid 4.3以降に対応し、Bluetooth 4.0で接続する。

 内蔵バッテリーは320mAhで、通常の利用で1日中は利用できるとする。無接点充電方式に対応し、充電ドックがパッケージに同梱される。

 CPUはTIの「OMAP 3」。メモリは512MB、ストレージは4GB。歩数計と、光学式の心拍計を搭載している。防水性能はIP67。1つの押しボタンを備えるほか、バイブレーションモーターと、2つのマイクを搭載している。

 ケースの直径は46mmで、厚さは11.5mm。重さはレザーバンドのモデルで約49g。価格は約250ドルになるとみられる。

「Moto 360」のWebサイト

(太田 亮三)