ニュース

ソニーのレンズ一体型カメラに、レンズ交換が可能な「QX1」が登場

最大60倍ズーム撮影が可能な「QX30」と「QX10」のピンクも

 ソニーは、スマートフォンに装着して楽しめる、レンズ一体型のデジタルカメラ「ILCE-QX1」と「DSC-QX30」の2製品を10月10日に発売する。あわせて昨年発売した「DSC-QX10」の新色、ピンクを新たにラインナップする。9月10日から、銀座ソニーショールーム、ソニーストア大阪、ソニーストア名古屋で先行展示される。

 「ILCE-QX1」と「DSC-QX30」は、一眼レフカメラのレンズのような形をしたコンパクトデジタルカメラで、ソニーでは“レンズスタイルカメラ”と呼ぶ。本体にシャッターボタンやフラッシュを内蔵しており、単体で撮影できるほか、スマートフォンに装着することでスマートフォンの画面で確認しながら撮影できる。

 「ILCE-QX1」は、ソニーのレンズスタイルカメラでは初となる、レンズ交換式のデジタルカメラ。これまで販売されてきたソニーのEマウントレンズを付け替えて利用できる。デジタル一眼カメラと同等の大型APS-Cサイズ2010万画素のCMOSセンサーを搭載している。撮影シーンを自動で認識して設定する「プレミアムおまかせオート」や、連写に対応している。また、フラッシュも内蔵している。本体サイズは74×69.5×52.5mm、重さは216g(バッテリー、メモリーカードを含む)。カラーはブラックのみ。価格は3万6000円前後になる見込み。

 また「ILCE-QX1」は、交換レンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」がセットになったパワーズームレンズキット「ILCE-QX1L」もあわせて発売する。「ILCE-QX1L」の価格は5万1000円前後になる見込み。なお、「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」レンズのみ単体でも販売しており、ソニーストアの価格は4万円(税抜)。

「ILCE-QX1L」
スマートフォン装着時

 「DSC-QX30」は、光学30倍ズームのソニーのGレンズを採用し、全画素超解像ズームにより最大60倍までズーム撮影が可能となり、スマートフォンではとらえられない遠くの被写体を撮影することができる。レンズの交換は不可。光学式手ブレ補正機能や、被写体を追尾してピント合わせが可能な「ロックオンAF」機能を備えている。10コマ連写にも対応する。本体サイズは68.4×65.1×57.6mm、重さは193g。カラーはブラックのみ。価格は4万4000円前後になる見込み。

「DSC-QX30」

 「DSC-QX10」は昨年発売された光学10倍ズームの撮影が可能なモデル。ブラック、ホワイトに加え、今回、新色のピンクが追加された。価格は2万4000円前後になる見込み。

(川崎 絵美)