ニュース

MNP割引、iPhone 5sの下取り〜auが「iPhone 6」に向けたキャンペーン

下り最大150Mbps基地局は1万局に

 KDDIと沖縄セルラーは、9月16日より、他社からMNP(携帯電話番号ポータビリティ)でauに乗り換えるユーザーに向けたキャンペーン「auにかえる割 Plus」を開始する。また、auの携帯電話を下取りして新たな携帯電話の購入をサポートする下取りプログラムでは、9月19日よりiPhone 5s、iPhone 5cを下取り対象に追加する。

 KDDIは12日、記者説明会を開催し、代表取締役執行役員専務の石川雄三氏から同社のネットワーク、料金、サービス面などを含めた解説が行われた。

auにかえる割 Plus

 新キャンペーンの「auにかえる割 Plus」は、MNPで他社から乗り換え、なおかつ7月25日以降に発売された、auのLTE対応スマートフォンを新規契約する場合に特典と割引を提供するというもの。

 新料金プランの「カケホとデジラ」を選んで新規契約すると、特典は1万円相当のau WALLETへのチャージとなる。一方、従来から提供されてきたプラン「LTEプラン」「LTEフラット」を選んだ場合は、月額基本料934円(税抜)が24カ月間、無料になる。

 対象機種は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、TORQUE G01、HTC J butterfly HTL23の4機種。

下取り対象機種にiPhone 5s/5c

 下取りプログラムでは、新たにiPhone 5s、iPhone 5cが9月19日より追加される。例えばiPhone 5sの64GB版の下取り額は2万6000円相当、32GB版は2万5000円相当になる。なお、iPhone 4S、iPhone 5といった旧機種については、11月30日まで下取り額が増額される。

対象機種
下取り額(9月18日まで) 下取り額(9月19日〜11月30日)
iPhone 5s 64GB - 2万6000円相当
32GB - 2万5000円相当
16GB - 2万4000円相当
iPhone 5c 32GB - 1万8000円相当
16GB - 1万7000円相当
iPhone 5 64GB 1万5000円相当 2万円相当
32GB 1万4000円相当 1万9000円相当
16GB 1万3000円相当 1万8000円相当
iPhone 4S 64GB 7000円相当 1万7000円相当
32GB 6500円相当 1万6500円相当
16GB 6000円相当 1万6000円相当

下り最大150Mbps対応基地局が1万局

 auの4G LTEにおいて、下り最大150Mbpsに対応する基地局が9月10日付けで1万局を突破したこともあわせて発表されている。2GHz帯で20MHz幅という電波で高速通信を実現する場合と、複数の周波数を束ねて高速化するキャリアアグリゲーション(CA)という2つの手法で対応基地局が増加した。

(関口 聖)