ニュース

ソフトバンク、米国→日本も通話・メールが無料「アメリカ放題」

iPhone 6、iPhone 6 Plusで国内料金プランに準拠

 ソフトバンクモバイルは、グループ会社である米スプリントとの協業により、米国でネットや通話が割安になるサービス「アメリカ放題」を提供する。iPhone 6、iPhone 6 Plusユーザーで「スマ放題」契約者であれば、追加料金がかからず無料で利用できる。ホワイトプランなどの場合は、国内と同等の料金となる。提供開始はiPhone 6、iPhone 6 Plusの発売日である9月19日。

 「アメリカ放題」の基本料金は980円だが、キャンペーンとして、無料で利用できる。なお、キャンペーン終了時期は未定で、当面は無料で提供される。「スマ放題」のデータ定額パック(データ量5GB以上)の契約者はキャンペーン終了後も無料。申し込みは不要。

 「アメリカ放題」は、アメリカ本土・ハワイ、プエルトリコ、バージン諸島(米領)においてのインターネット利用や、日本への通話が国内の料金と同等になるサービス(グアム、サイパンはエリア対象外)。

 たとえば、「スマ放題」を契約している場合は、米国から日本や米国内への通話・メールが、基本料金以外はすべて無料となる。またインターネットの利用も無料。この場合通信量は無制限で提供される。一方の「ホワイトプラン」を契約している場合は、国内での利用と同等の料金設定になる。

 同サービスの会見においては「通信量に制限はあるか?」との質問に「制限はない」と回答しているが、その後ソフトバンク広報により“今後「スマ放題」のデータ定額パックなどの、国内サービスと同等の速度制限をかける予定”と補足の説明があった。制限をかける時期は“未定”としている。

 サービス開始時点では、3Gのネットワークに対応するが、年内にもLTEに対応する見込み。

 利用にあたって「アメリカ放題」の対象エリア・対象端末で、国際ローミングはオフのまま利用できるが、通信の設定は、4G・オンから4G・オフに切り替える必要がある。このとき国際ローミングをオンにしてしまうと、場合によってはスプリント以外の通信を認識し、「アメリカ放題」対象外になる可能性があるため、注意が必要。なお初期設定では、国際ローミングはオフになっているとのこと。

SIMロックフリー版のiPhone 6/6 Plusは非対応

 iPhone 5/5s/5cなど、これまでソフトバンクがiPhone向けに提供してきたSIMカードとiPhone 6/iPhone 6 Plusで提供されるSIMカードは、仕様が異なる。ソフトバンクによると技術的な詳細は明かせないとのことだが、今回提供される「アメリカ放題」でスプリントの3Gネットワーク(CDMA)対応にあわせて、仕様を変更したと思われる。

 よって、SIMロックフリー版のiPhone 6/6 Plusにこれまで利用してきたiPhone(5/5sなど)のSIMカードを挿して、米国で利用する場合は、「アメリカ放題」は適用されない。この場合、国際ローミングをオンにした状態で、AT&TやT-mobileのネットワークを認識し通信を利用すると、利用料が高額になるため注意が必要。

 ちなみに、これまで使ってきたソフトバンクのSIMカードをiPhone 6のSIMロックフリー版に挿して(「アメリカ放題」ではなく)国内で通常利用できるかについては「ソフトバンクとして保証できない」との回答だった。

 いずれにしても「アメリカ放題」適用ではない状態で、端末設定を“ローミング・オン”にしていると、通信量によっては高額請求になりかねないため注意したい。

 発表会で、対応機種をiPhone 6/6 Plusの2つに限定した理由について、質問が及ぶと「技術的な理由」と回答した。iPhone 6/6 Plusの米国のネットワークはスプリントのTDDのネットワークを利用する。「今回はスプリントのTDDを利用することにこだわった。当然マーケティング的にもプラスになるが、技術面での理由が大きい」とコメントしている。

 既存のソフトバンクユーザーが機種変更する場合は、SIMカードはiPhone 6/6 Plus用(CDMA対応)のものに交換される。その際は、SIMカードの発行手数料はかからず、通常の機種変更手数料のみとなる。その後、Androidなど他の機種に変更する場合も同様。

(川崎 絵美)