ニュース

“無造作ヘア”のドコモ加藤社長、「やっぱり興奮する」〜iPhone 6発売セレモニー

 「やっぱり興奮しています。2回目なんですけれども、やっぱり興奮しています。待ち遠しかったなと」

 そうコメントしたのは、NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏。新しいiPhoneの発売日となった9月19日、ドコモショップ丸の内店で発売を記念したセレモニーが開催された。加藤氏は、iPhoneの雰囲気にあわせたカジュアルな服装、そしてこれまで報道陣の前では見せたことがない“無造作ヘア”といういでたちで登場。15日から並んでいたという行列先頭の来店客とともに、発売開始の19日8時を祝った。

iPhone 6のほうが予約多く

 サイズの異なる「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」がラインアップされた今回、加藤社長は「供給体制は、iPhone 5sよりも数的に手応えを感じている」と在庫は十分との見方を示し、「予約では4.7インチのiPhone 6のほうが少し多いかなという感じ」と述べて、iPhone 6のほうが人気とした。一方、iPhone 6 Plusについても、たとえば女性はカバンの中に入れて持ち運べるということで一定の支持を得ていると解説した。

加藤社長

 ゲストとして登壇したCMキャラクターの堀北真希は、「どちらも気になって悩む。色はゴールドが気になります」とコメント。同じくCMキャラクターの渡辺謙は「海外滞在時にiPhoneを使っていたが、これまでは、日本で使っていたGALAXYと比べると、どうしてもサイズ感が……老眼が入っていますので(笑)、原稿チェックや写真チェックとか、Plusは楽しみですね」と画面の大きさを重視している様子だった。

渡辺謙
堀北真希

VoLTEは?

 iPhone向けのVoLTEについては、具体的な時期は明らかにされなかったが、「最終的な調整をしているところ」として、近い将来であることを示唆した。

下取りは「機種を変えやすいシステム」

 新しいiPhoneの発売にあたっては、各社が端末価格、割引適用後の実質負担額、あるいは下取りプログラムの価格などを続々と改訂し続けた。ドコモにとっては、iPhoneの販売以前に他社へ乗り換えたユーザーに向けて、再びドコモへ戻ってもらえるよう手を尽くすタイミングでもある。

 競争の仕組みの1つであるMNPについて問われた加藤社長は「頑張ってまいりたい。ただし過度なことは(つつしみたい)、と思っている」と述べて、今春の動向とは異なる形での取り組みをする方針を示す。

 また価格が続々改定され、最終的に横並びに近い形となった下取りプログラムについては「下取りは価値あるものをお持ちということ。下取り後の利活用を含めてエコシステムができあがっていると思っている。(下取りプログラムは)ユーザーにとって機種を変えやすいシステムだと思う。(下取り価格がさらに変更される可能性は?)動きがあればと思うが、今のところ考えていない」と語った。

 16日に高市早苗総務大臣が、携帯電話市場での行きすぎたキャッシュバックなどを指して「過剰な営業競争は望ましくない」とコメントしたことに関連して、見解を問われると「不健全な、いわゆるキャッシュバックというものは、私どもはやりたくないと思っていまして、今年の2月〜3月はそういうものがありましたが、ある種、私どもも節度を持ちながら競争した。4月以降はできるだけそういうことがないよう頑張っている」とコメントした。

 また端末価格が予約開始以降に発表されたことについて「検討すべき事項が多かった。お客さまには大変ご迷惑をおかけした。いろんな側面を考えなければならない側面があった」とした。

ソフトバンクの「アメリカ放題」に対して

 17日に発表された、ソフトバンクの新サービス「アメリカ放題」に対する姿勢はどうか。加藤社長はしばし静観の構えだ。

 「もうすこし様子を観たい。時差があるなかで、どういう通話がたくさんされるのか。私どもも「海外1dayパケ」を提供している。まずは注視したい」

朝7時には加藤社長から行列に並ぶユーザーへ差し入れ

 なお8時の段階で、ドコモショップ丸の内店には30人のユーザーが行列を作っていた。1年前の「iPhone 5s」発売時には300人を超えるユーザーが押しかけていた。それと比べると、規模が縮小した格好だが、これは予約の有無が大きな影響を与えたと見られる。「iPhone 5s」は事前予約が実施されず、発売日を迎えてから予約する、という形だったが、今回は発売前に予約受付を開始した。ドコモでで予約したユーザーには、受取店舗を指定できるほか、受取可能な日時も伝えられるとのことで、店頭での混乱を抑制した。そうした状況でもなお、最も早いタイミングで端末を受け取りたいユーザーが店頭に来たものと見られる。

(関口 聖)