ニュース

ソニー、「SmartWatch 3」「SmartBand Talk」を発売

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、スマートフォンやタブレットと連携して、日々の活動量などを記録できる新製品「SmartWatch 3 SWR50」「SmartBand Talk SWR30」を11月下旬に発売する。

 オープンプライスだが、「SmartWatch 3」は2万5000円前後、「SmartBand Talk」は1万8000円前後になる見込み。ソニーストアや家電量販店で取り扱われる。なお、「SmartWatch 3」についてはauのアクセサリーとしても提供される。

SmartWatch 3
SmartBand Talk

SmartWatch 3

 「SmartWatch 3」は、OSにAndroid Wearを採用した、スマートウォッチ。GPS機能を備え、スマートフォンなしでも、位置情報を計測してジョギングした距離や移動した距離などのログを計測し、スマートフォンやタブレットのアプリに転送して管理できる。4GBのストレージが用意されており、楽曲データを転送しておけば、Bluetooth経由でワイヤレスで音楽再生を楽しめる。音声で操作することもでき、時間や天気の確認、道案内の設定などが利用できる。GmailやFacebookでメッセージを受信した場合、音声でメッセージを記録するとテキストに変換して、返信できる。

 コア部分の大きさは約51×36×10mm。リストバンドを交換でき、ベースカラーのブラック、ライムのほか、オプションのホワイト、ピンクなどが用意される。防水防塵(IP68)性能を備える。ディスプレイは約1.6インチ、320×320ドットの半透過型液晶。対応機種は、Android 4.3以上のスマートフォンでBluetooth 4.0をサポートするもの。Xperiaシリーズに限定されておらず、ソニーでは今後、動作確認がとれた機種から順次、同社Webサイトで案内する。

SmartBand Talk

 一方の「SmartBand Talk」は、曲面電子ペーパーディスプレイを採用したリストバンド型端末。加速度センサーや気圧計センサーを搭載しており、階段の上り下りなどの動きをチェックして、より正確な活動量として記録できる。

 マイクとスピーカーを内蔵し、Bluetooth経由で繋がったスマートフォンに電話がかかってくると、「Smartband Talk」で通話できる。このほか天気の確認、アラーム設定なども操作できる。バンド部分は交換でき、オプションとしてライム&ピンク、レッド&ブルーという2色セットのバンドが用意される。大きさは約47.5×22.3×9.5mm(コア部分)。リストバンドはSサイズ(約232mm)、Lサイズ(約255mm)がある。対応環境はAndroid 4.4以上、Bluetooth 3.0以上のスマートフォンで、具体的な動作確認機種は今後案内される。こちらもXperiaシリーズ限定ではなく、他社製の機種でも利用できる。

(関口 聖)