ニュース

PHSと携帯でMNP、10月1日にいよいよスタート、PHSでSMSも

 これまで携帯電話会社の間でだけ利用できるようになっていた、携帯電話番号ポータビリティ、いわゆるMNPが10月1日より、PHSとの間でも利用できるようになる。あわせてPHSでもSMSが利用できるようになる。

 MNPは、同じ電話番号のまま、A社からB社へ乗り換えられるようにするサービス。2006年より提供されているが、これまでは携帯電話会社だけで利用できるもので、PHSは対象外だった。総務省で2011年から検討が始まり、携帯電話とPHSの間のMNP、そして携帯電話にも070番号を割り当てることが決定。先に携帯電話用の070番号の発行が始まり、今回、いよいよPHSもMNPの仲間入りをすることになった。PHS宛てに電話をかけると、固有の呼出音が鳴って、宛先がPHSかどうかわかるようになっている。

PHSでSMS

 これにあわせて、PHSでもSMSが利用できるようになる。ワイモバイルのPHSでのSMS利用料は、同じPHS宛であれば無料で、携帯電話宛では1通3円(税抜)となる。受信は無料。

 ワイモバイルでは、SMSを使って、電話がかかってきたことを知らせる「着信お知らせ機能」をPHS向けに10月1日より提供する。着信お知らせ機能では、PHS端末が圏外にいたり、電源がOFFになっていたりして、電話に応答できなかった場合、電話がかかってきたことをSMSで通知してくれる機能。

 SMSおよび着信お知らせ機能に対応するのは、LIBERIO 2 WX11K、WX12K、iiro WX04S、STOLA 301KC、BISINESTA 301JR。いずれも利用するためにはソフト更新が必要とのことで、詳細は別途案内される。

(関口 聖)