ニュース

ハイスペックな約4.6インチコンパクトスマホ「Xperia Z3 compact SO-02G」

 「Xperia Z3 Compact SO-02G」は、Android 4.4を搭載するソニーモバイル製スマートフォン。NTTドコモの2014年冬モデルの1つで、同時に発表された「Xperia Z3」と同等のスペックを備えつつも、ディスプレイが約4.6インチで、手のひらにおさまるコンパクトサイズを特徴とする。11月中旬発売予定。

 機能面では、暗がりでも撮影できる高感度カメラ、高音質のハイレゾ音源への対応など、エンターテイメント性が強化された。月々サポート適用時の予想実質価格は3万円台後半になる見込みだ。

コンパクトボディに4.6インチ

 ボディサイズが約127×65×8.6mm、重さが約129gというコンパクトな仕上がりが特徴の1つ。幅65mmというサイズ感は、約1年前に登場した「Xperia Z1 f」と同じだが、ディスプレイサイズが4.3インチから4.6インチへと大画面になった。またZ1 fよりも0.8mm薄く、約11g軽くなった。

 デザインは、「Xperia Z3」とほぼ同じながら、側面は金属ではなく樹脂素材を用いるなど雰囲気を変えて仕上げられている。このほか「Xperia Z3」とは、ディスプレイの解像度やストレージの容量、メモリサイズなどが異なる。また、ワンセグには対応するが、フルセグ、NOTTVに比対応なのも、Xperia Z3との違いだ。

 このような差異はあるが、以下に記述するような、端末の“売り”となる機能はほぼXperia Z3と共通している。

高感度撮影、手ブレ補正

 約2070万画素カメラでは、新たにISO12800という高感度撮影をサポート。Xperiaシリーズの中では最も高感度とのことで、わずかな光でも撮影できるという。カメラはソニー製のGレンズ、裏面照射型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」、そして画質エンジン「BIONZ for mobile」の組み合わせ。Gレンズは新たに広角25mmに対応しており、従来の機種より広い範囲を撮影できるようになった。F値は2.0となる。

 高感度撮影のほか、電子式手ブレ補正「インテリジェントアクティブモード」が用意されており、走りながら動画を撮影してもブレない映像を記録できる。また、プリインストールアプリを強化。カメラ起動時にワンタッチで呼び出せるアプリの数を増やしており、最大3台のXperiaで同時に撮影できる「マルチカメラ」や、音声も一緒に記録する「サウンドフォト」などを利用できる。

ハイレゾに対応

 音楽再生では、ハイレゾ音源と呼ばれる高音質な楽曲データを再生できる。サポートするのは96KHz/24bit。通常の楽曲をハイレゾ相当にアップコンバートする「DSEE HX」を内蔵しており、手持ちの楽曲がなくても高音質を楽しめる仕様になっている。

 このほか別売りのヘッドホンと組み合わせて、デジタルノイズキャンセリング機能を利用することもできる。デジタルノイズキャンセリングは、イヤホン側のマイクで拾ったノイズに対して、本体側で逆位相の音を発生させる、ノイズを打ち消す仕組み。Walkmanに搭載されるノイズキャンセリングと同等の技術となる。ただし、現時点ではハイレゾとデジタルノイズキャンセリングの両方に対応したヘッドホン、イヤホンが販売されていないため、どちらか一方の利用となる。

ソフトウェア

 ユーザーインターフェイスには、ドコモの「docomo LIVE UX」を採用するが、ワンタッチでソニーモバイル製の「Xperiaホーム」に設定を変更することが可能。音楽プレイヤーや動画プレイヤーも、一括で切り替わる仕組みだ。

 画質補正として、写真やムービーを補正する「X-Reality for mobile」に対応しているが、新たに色を強調する「ダイナミックモード」も選択できるようになった。また、11月にリリース予定の「PS4 リモートプレイ」にも対応する。これは、家庭内の別の部屋からリビングなどに置かれたプレイステーション4を遠隔操作するサービスのこと。Wi-Fi経由で遊ぶことができ、操作はXperiaに接続したワイヤレスコントローラーで行う。

スペック

 ボディカラーはWhite、Green、Orange、Blackの4色。VoLTEや防水防塵、おサイフケータイ(NFC決済も対応)、Wi-Fi、DLNA/DTCP-IP/DTCP+、Bluetooth 4.0、急速充電2、非常用節電モードをサポート。シンプルなホームアプリも用意する。チップセットはMSM8974AC(2.5GHz駆動クアッドコアCPU)、2GBのメモリ、16GBのストレージを装備する。

 バッテリー容量は2600mAh。連続待受時間はLTEで約650時間、3Gで約800時間、GSMで約620時間、連続通話時間はLTEで約990分、3Gで約700分、GSMで約650分。実使用時間は未定。

(関口 聖/石野 純也)