ニュース

感情を表現するエモパー搭載、5.5インチIGZO液晶の「AQUOS ZETA SH-01G」

 NTTドコモの2014年冬モデルである「AQUOS ZETA SH-01G」は、狭額縁・大画面液晶と光学式手ブレ補正のカメラ、そして感情を表現して、個性を感じさせる“エモパー”機能を搭載する、Android 4.4スマートフォン。製造元はシャープ。11月中旬に発売される予定。 2年契約で月々サポートを適用した場合の想定実質価格は、新規契約・機種変更・MNPとも4万円台後半となる見込み。

ディスプレイ

 特徴の1つであるディスプレイは、約5.5インチのフルHDとなるIGZO液晶。画面周辺のフレーム(額縁)を極力細くする「EDGEST」スタイルを従来機種から踏襲し、横幅76mmというボディサイズを実現した。

 いわゆる“三辺狭額縁”タイプのスマートフォンではあるが、ソフトバンクから登場した“フレームレス”デザインの「AQUOS CRYSTAL」より狭額縁度は低い。関係者によると、開発の段階では、SH-01Gでもフレームレス構造の採用を検討したというが、あえて見送ったという。これは、近接センサーの採用を重視したため。「AQUOS CRYSTAL」では圧倒的な狭額縁化が実現されているものの、近接センサーは搭載されていない。

 SH-01Gではユーザーの使い勝手を考慮し、受話口の横部分に近接センサーを配置。結果、通話時に耳をあてると画面が暗転し、通話終了で再点灯するようになっている。

リコー「GR」の認証プログラムを取得したカメラ

 13.1メガピクセルカメラは、裏面照射式で光学式手ブレ補正をサポート。さらにデジタルカメラ「GR」シリーズを手がけるリコーイメージングの認証プログラム「GR Certified」を取得。同プログラムの第1号だという。

 認証の取得にあたって、リコーが独自に制定したモバイル機器向け画質基準「GR Quality Regulation For Mobile」を満たした。また、画質面でのコンサルティングをリコー側が行っている。

 インカメラは約210万画素の裏面照射式CMOSタイプ。自撮り(セルフィ)が世界的に流行していることから、2秒セルフタイマー撮影をサポートするなど、各種機能を強化した。ワイド撮影モードを使えば、カメラを左右に動かすことで、横長の自撮り写真も撮影できる。

感情を表現するエモパー

 ユニークな機能として搭載されるのが「エモパー」。たとえばバッテリー残量が減ると「おなかが空きました」と言い、落としてしまうと「痛いです」と喋る。GPSなど各種センサーを活かして自宅と外出時を判別、自宅では音声を発するが、外出時には音を出さず画面上にテキストで表現する、といった動作もする。エモパー機能をオフにすることも可能。

 時刻にあわせてメッセージを出すこともあり、夜遅くになると「そろそろお休みの時間じゃないですか? 眠たくなってきました」「明日のアラームがオフになっていますが大丈夫ですか?」と話しかけてくる。

 エモパーの実体は内蔵ソフトウェア機能。シャープ製の自動掃除ロボットや冷蔵庫などで採用されている「ココロエンジン」をベースとしつつ、スマートフォン向けに新開発した。なお、人間(利用者)と対話する機能はない。

 声は3パターン用意されるが、いずれも人間というよりは、ロボット、エージェントらしいぎこちなさをあえて残している。スペック競争だけではなく、ユーザーに愛着を持ってもらえるような新たな価値を提案すべく用意されたのが「エモパー」とのこと。使えば使うほど学習していくとのことで、発売後も、機能面でのバージョンアップも期待される。

その他の機能、スペック

 Wi-FiとLTEの同時接続にも対応する。通信速度の高速化に加え、電波が弱い場合に通信をミックスし、スムーズに通信を行う機能もサポートする。

 また、片手操作を容易にする「ワンハンドアシスト」機能についても調整が行われた。ホームボタン長押しすると画面が若干縮小されるが、この際、画面の配置や大きさをドラッグ操作で変更できるようになった。本体側面を持つだけで画面オンなど各種反応する「グリップマジック」機能も引き続き提供される。

 大きさは約141×76×8.9mm、重さは未定だが、150g台になる見込み。バッテリーは3300mAh。ユーザーによるバッテリー交換はできず、背面パネルの取り外しは不可。nanoSIMカードおよびmicroSDXCカード(128GBまで)は本体上方(側面)から装着する。なお、充電用microUSBポートはキャップレス防水仕様。オプション充電台などは販売されない。

 ボディカラーはIndigo、White、Cyan、Coralの4色。表面仕上げがカラーによって異なり、Indigoは凹凸感のあるラバー調、Whiteは光沢感重視、Cyanはドット調、Coralはサラサラ仕上げとなっている。

 このほか、VoLTE、ハイレゾオーディオ、防水、おサイフケータイ(NFC決済対応)、Wi-Fi、Bluetooth 4.0、DLNA/DTCP-IP、高速充電2、非常用節電モードに対応する。チップセットはMSM8974AB(2.3GHz駆動、クアッドコア)、2GBのメモリ、32GBのストレージを搭載する。

 ワンセグ/フルセグ/NOTTVにも対応するが内蔵アンテナによる視聴には受信性能面で限界があるため、同梱のアンテナを基本的に接続する必要があるとしている。

 連続通話時間および連続待受時間は現時点で未定としている。

(関口 聖/森田 秀一)