ニュース

iBeaconを使ったiPhone向け「迷子防止アプリ」、名古屋の展示会で披露

 スペーステクノロジーとブリリアントサービスは、iPhone向けアプリ「迷子防止アプリ(仮)」を共同開発した。10月10日に名古屋で開催される展示会に参考出品する。

 「迷子防止アプリ」は、子供の腕にiBeaconモジュールを付けたリストバンドを装着し、保護者がiPhoneを持っておくことで、設定した以上の距離になるとアラーム音で親に警告するというもの。最大で12mまで設定できる。

 迷子になるのを防止するモードのほか、犬の鳴き声で警告する番犬モードなども用意されている。現時点では展示会「Cloud・IT Business Messe 2014 in Nagoya」のために開発されたもので、一般公開の時期は未定とのこと。

(関口 聖)