ニュース

ファーウェイ、SIMフリーのハイエンド機「Ascend Mate7」を12月に発売

CEATEC JAPAN会場では実機の展示も

 ファーウェイ・ジャパンは、国内SIMロックフリー端末の第3弾として「Ascend Mate7」を12月に発売すると発表した。価格はオープンプライス。MVNO各社、家電量販店、オンラインショップで販売する。同社は、9月に開催されたIFA 2014でグローバル端末としてAscend Mate7を発表している。

 Ascend Mate7は、LTE カテゴリ6をサポートし、下り最大300Mbpsを実現するモデムチップセット「オクタコアプロセッサー」を搭載したAndroidスマートフォン。SIMロックフリーとして日本国内では「Ascend G6」、「Ascend P7」に次ぐ3機種目で、ファーウェイではフラッグシップモデルと位置づける。SIMのサイズは、microSIM。

 本体はクールな印象のアルミフレームで、カラーは白っぽい「ムーンライト・シルバー」と、濃いシルバーのような「オブシディアン・ブラック」の2色が揃う。ディスプレイには強度の強いゴリラガラスを採用している。ジャパンディスプレイ社製でIPS-NEO技術により高コントラストを実現した、6インチのフルHDディスプレイを搭載する。6インチの大画面でありながら、ベゼル幅を約2.9mmに仕上げ、画面占有率83%に仕上がっているという。そのため、高さは157mmとコンパクトなサイズにまとまっている。

 本体の最薄部は3.28mm、最厚部は7.9mmで、手に持つとその薄さが実感できる。背面になめらかなカーブを施しているため、薄くても手に馴染みやすく工夫されている。本体の重さは185g。

 4100mAhの大容量バッテリーに加え、ウルトラ省電力モードも備えており、持久力の高さが特徴としている。カメラは、ソニーの4世代BSIセンサーとF値2.0のレンズを採用した1300万画素のアウトカメラ、500万画素のインカメラを搭載している。

 通信方式は、LTE、WCDMA、GSM、Bluetooth 4.0、Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n Dual-Bandをサポート。テザリングにも対応。テザリングでの最大接続台数は8台。

 本体・背面には、ワンタッチで360度どの角度でも認証可能な指紋認証機能を備えている。指先が濡れていても指紋を認識しロック解除できるのも特徴のひとつ。指紋は最大5つまで登録することができ、プライベートフォルダー、アプリロック、自分以外でも閲覧可能になる「ビジターモード」などが設定できる。このほか、カメラ起動時に背面の指紋センサーを利用してシャッターがきれる「Touch Shutter」機能も備える。

 ファーウェイ独自のユーザーインターフェイス「Emotion UI」は、大画面でも片手操作のしやすい「One-hand UI」機能を加えた新バーション(3.0)が、Ascend Mate7で提供される。片手操作を実現するため、端末本体を振ることで、ホームキー、バックキー、キーボードなどを左右に寄せたり、ポップアップの選択画面を上下に移動させたりすることができる。

端末本体を振ってポップアップを上に表示させたり
下に表示させたりできる

ファーウェイのもつ最先端技術を集結

ファーウェイ・ジャパン副社長のゴ・ハ氏

 発表会に登壇したファーウェイ・ジャパン副社長で、デバイスプレジデントのゴ・ハ氏は、グローバル市場におけるスマートフォンのシェアが、サムスン、アップルに次いで第3位(6.9%)であると説明した。さらに「これに満足しているわけではない。これまでの“SIMフリースマートフォン=ロースペック”という印象を打ち砕く製品を、今後展開していく」と意気込みを示した。今回日本で発売することとなった「Ascend Mate7」は、まさに同社の“最先端技術を集結させた”フラッグシップモデルとしており、スペックの高さを印象づけた。

 ファーウェイ・ジャパンは、10月7日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2014」に出展する。同社のブースではAscend Mate7の実機も展示されるとのこと。

グローバル端末だが、日本向けに技術基準適合証明も取得済み

(川崎 絵美)