ニュース

1200円で気軽に没入感を楽しめる、発泡PP素材の「スマホVRボックス」

 サナリスは、スマートフォンをセットしてバーチャルリアリティ(VR)を楽しめる視聴用のヘッドセット「スマホVRボックス」を発売した。Yahoo!ショッピング内の「富技術研究室」で、11月末までは1200円(税別)で販売される。通常価格は2000円(税別)。

「スマホVRボックス」

 スマートフォンと連携したVR視聴用のヘッドセットといえば、2014年6月に開催された「Google I/O」で開発者向けに配布された、ダンボール素材のVRビューワー組み立てキット「Cardboard Kit」が話題になった。

 今回サナリスから発売された「スマホVRボックス」は、発泡PPシートを素材にしており耐久性が高いことや、メガネをかけたまま利用しやすくサイドが工夫されている点が特徴。また、連携するスマートフォンは、AndroidとiOSに両対応している。スマートフォンのサイズは4.7インチまでのものを推奨。現在は、5.5インチ用も開発中とのこと。

 「スマホVRボックス」では、YouTubeやニコニコ動画などの3D動画コンテンツが楽しめるほか、Google PlayやApp Storeで配布されている「Dive City Rollercoaster」などのいくつかのアプリを使って3D動画が視聴できる。対応アプリの詳細は、サナリスのWebサイトで案内している。なお同社では、「スマホVRボックス」向けのアプリ開発も手がけている。

「スマホVRボックス・ハンズフリー(ベルト付)」

 「スマホVRボックス」は視聴の際、手で持つ必要があるが、ハンズフリーで視聴できるベルト付きのタイプもラインナップする。ベルト付きのタイプは11月末まで1500円(税別)、通常価格2300円(税別)。

(川崎 絵美)