ニュース

業界初のiOS向けオフライン地図アプリ開発キット、「MapFan SDK」で

 インクリメントPは22日、スマートフォンアプリにオフライン地図機能を組み込むための開発キット「MapFan SDK」のiOS版を提供開始した。オープン価格となっており、機能・仕様を確認できる無料体験版も用意している。

 MapFan SDKで開発したアプリでは、地図の表示・検索がオフラインで行えるほか、ルート探索機能もアプリ内に持つことが可能。地図上に独自アイコンやポリゴンを表示することもできる。面積・距離の計算、緯度経度・測地系の変換などの補助機能も搭載。災害復旧支援、山間部などモバイル通信サービスエリア外でのインフラ管理など、業務用アプリに最適だとしている。

 地図の配色、表記文字のフォント/サイズおよび言語(日本語、英語、中国語繁体字・簡体字、韓国語)のカスタマイズも可能。

吹き出し表示
ルート探索条件設定
配色のカスタマイズ(グレーマップ)
表記言語のカスタマイズ(英語)

 地図データは年12回更新し、アプリをインストールした端末から直接更新できるかたちでダウンロード提供する。

 オフライン地図SDKのAndroid版「MapFan SmartDK」はすでに2013年9月より提供している。今回のiOS版追加にともない、名称をMapFan SDKに変更・統一した。同社によれば、iOSアプリに対応したオフライン地図SDKは業界初。

(永沢 茂)