ニュース

丸型有機ELにAndroid Wear搭載「G Watch R」がグローバルで出荷開始

 韓LG Electionsは、Android Wear搭載の腕時計型ウェアラブル端末「G Watch R」をフランス、イタリア、スペイン、イギリスで11月に発売する。その後は、北米、アジアでも発売し、また一部の国・地域ではGoogle Playから購入することもできるようになる。

 「G Watch R」は9月の「IFA 2014」に合わせて発表された端末で、完全な円形で1.3インチの有機ELディスプレイを搭載するのが特徴。

 時計の盤面デザインは新たに6種類が追加され、省電力性能が改善されたアンビエントモードを搭載。搭載OS「Android Wear」の最新版により、「G Watch R」に転送した音楽をオフラインで再生する機能なども用意される。

 IP67の防水性能を備え、プロセッサーとして1.2GHz駆動のSnapdragon 400を搭載する。メモリは512MB、ストレージは4GBで、バッテリーは410mAh。9軸センサーや気圧センサー、心拍センサーを搭載。ベルト(ストラップ)の幅は22mmで、市販のベルトと交換できる。

(太田 亮三)