ニュース

「TikiモバイルLTE」、月5GB/7GBのコースを追加

今後、音声通話対応のサービスも提供予定

 ISP事業「TikiTikiインターネット」を運営するエヌディエスは、NTTドコモのネットワークを利用したMVNO型のデータ通信サービス「TikiモバイルLTE」のラインナップに、月5GBまでの「タイプ5」(月額1990円)、月7GBまでの「タイプ7」(月額2490円)を追加した(価格は税抜)。

 同社では従来、「TikiモバイルLTEライト」のサービス名称の下、月2GBまでLTEの高速通信が利用できる「タイプM」(月額934円)と、1日70MBの「タイプD」(月額934円)、1週間500MBの「タイプW」(月額1220円、2014年10月31日で新規申込受付終了)の3つの料金コースを用意してきた。今回、月5GBまでの「タイプ5」と月7GBまでの「タイプ7」が追加された。SMS機能(月額140円、国内送信1通3円、国外送信1通50円)も利用できる。

 契約事務手数料は3000円で、3カ月の最低利用期間が定められている。途中解約の契約解除料はタイプ5が4000円、タイプ7が5000円。各コース、所定の容量をオーバーすると200kbpsに通信速度が制限される。SIMカードは、標準サイズ、microサイズ、nanoサイズの3種類が選択できる。なお、2014年12月25日までは、新コース加入ユーザーに対し、契約事務手数料を半額の1500円に割り引くキャンペーンが実施される。

 現状、同社のサービスはデータ通信専用となっているが、今後は音声通話対応の新サービスも予定しているという。

(湯野 康隆)