ニュース

Google日本語入力、マテリアルデザインを導入

 グーグルは、Android向け日本語入力アプリ「Google日本語入力」の最新版を公開した。デザインを刷新したほか、入力方法の改善が図られた。Android 4.0以降で利用できる。

 最新版の「Google日本語入力」では、新たにマテリアルデザインを採用。Android 5.0(Lollipop)でも採用されたデザインテイストで、ライトとダークというテーマが用意されている。また新たなフォント「Roboto」なども用いられている。

 文字入力では、記号入力で数字キーボードが追加された。あわせて携帯電話風の配列(ケータイ配列)からは数字キーボードが除かれ、ひらがなとアルファベットのキーボードのみとなった。ケータイ配列でフリック入力を有効にしていると、アルファベットキーボードにしている際、下フリックで数字を入力できる。また同じくケータイ配列のフリック入力で、「や」の左右で括弧、「わ」の下方向で波ダッシュ(〜)、右隅で三点リーダー(…)の入力もサポートされた。QWERTYキーでの入力では、最上段を上フリックすると数字を入力でき、アルファベットでは下フリックで大文字が入力できるようになった。

 Android 5.0(Lollipop)で利用できる機能もいくつか用意されている。1つは他の入力方法へ切り替えるためのキー。またハードウェアキーボードを利用する際に、変換候補のウィンドウが表示されるようになった。

(関口 聖)