ニュース

ドコモ、「はなして翻訳」の海外向けアプリ「Jspeak」を提供

 NTTドコモは、Android端末向けに提供している音声翻訳機能「はなして翻訳」の海外向けサービス「Jspeak」を11月10日より提供する。訪日外国人や海外在留邦人のユーザーに向けたアプリとして提供される。対応環境はAndroid 4.0〜4.4のスマートフォンおよびタブレット。利用料金は、1週間で0.99USドル、1カ月間で2.99USドル(地域により異なる)。アプリ内で課金することで利用できる。

 「Jspeak」は、スマートフォンやタブレットを介して、日本語と10カ国語間の異なる言語同士の会話がスムーズに行える、音声翻訳アプリ。従来の音声翻訳機能のほか、旅行や生活の中でよく使う700以上の文例を会話集として搭載している。会話集を利用すれば、発話しなくても文例を参照してコミュニケーションが可能となる。よく使う文例を繰り返し利用しやすくする「お気に入り」機能も備える。

 言語は、日本語に対して英語、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、タイ語、インドネシア語をサポートする。

 同アプリは、インターネット環境があればGoogle Playからダウンロードできる。ただし、アプリ起動時に、SIM認証を行うため、SIMカードが入った端末でのみ利用できる。アメリカ・イギリス・インドネシア・オーストラリア・韓国・シンガポール・タイ・台湾・ニュージーランド・フィリピン・ブラジル・香港・マレーシアの地域の携帯電話事業者のSIMカードや、現地のプリペイドSIMカードが必要となる。今後は対象国となる地域を拡大するとしている。

 なお、ドコモユーザー向けには「はなして翻訳」アプリを提供しているため、「Jspeak」は対象外となる。

(川崎 絵美)