ニュース

5インチHD、LTE対応で実売2万2000円のSIMフリースマホ「Ascend G620S」

ファーウェイ製で12月中旬に発売

 ファーウェイ・ジャパンは、SIMロックフリーで販売するスマートフォン「Ascend G620S」を12月中旬に発売すると発表した。価格はオープン価格で、販売予想価格は2万2000円前後になる見込み。家電量販店やオンラインショップ、MVNOを通じて販売される。

「Ascend G620S」

 「Ascend G620S」は、同社がミドルレンジのモデルと位置付け、コストパフォーマンスに優れるとするAndroidスマートフォン。LTE対応や5インチでHD解像度のディスプレイ、クアッドコアCPU、Android 4.4などを搭載し、ボディ背面にはレザーテクスチャーが採用されている。

 カメラでは、HDR撮影機能のほか、ボリュームキーのダブルクリックで即座に撮影できる機能、音声も記録するボイスフォト機能、フォーカスを後から変更する機能など、さまざまな機能を搭載。アプリごとに接続するネットワークを設定できる「端末マネージャー」などの機能も用意されている。

 ユーザーインターフェイスでは、シンプルなレイアウトと大きなアイコンサイズで、初心者でも安心して使えるという「SIMPLE UI」を選択することも可能。日本語入力は初期設定で「FSKAREN」がプリインストールされる。

「Ascend G620S」ブラック
「Ascend G620S」ホワイト

主な仕様

 ディスプレイは5インチ、1280×720ドットのIPS液晶。CPUはクアルコムの「Snapdragon 400」(MSM8916)で、1.2GHz駆動のクアッドコア。メモリは1GB、ストレージは8GB。最大32GBまでのmicroSDHCカードを利用できる。SIMカードのサイズはmicroSMカード。

 メインカメラは800万画素、レンズはF2.0で、インカメラは200万画素。Android 4.4を搭載し、ファーウェイのユーザーインターフェイスとしてEmotion UI 2.3を搭載する。

 LTEの通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsに対応する。通信方式と周波数帯は、LTEが2100MHz(バンド1)、1800MHz(3)、2600MHz(7)、800MHz(19)、UMTS(3G)が800/900/2100MHz、GSMが850/900/1800/1900MHzとなっている。

 GPS、A-GPS、GLONASSをサポートし、加速度センサー、電子コンパス、近接センサー、環境光センサーを搭載。Bluetooth 4.0に対応する。無線LANはIEEE 802.11 b/g/nで、テザリング利用時は最大8台を同時に接続できる

 バッテリー容量は2000mAh。連続待受時間はLTEで約300時間、W-CDMAで約360時間、GSMで約320時間。連続通話時間はW-CDMA・GSMともに約750分。

 大きさは約72.1×142.9×8.5mmで、重さは約160g。ボディカラーはホワイト、ブラックの2色。

(太田 亮三)