ニュース

マイクロソフト、「Office」をiPhoneとAndroidタブレットに提供

 マイクロソフトは、iPhone向けの「Office」アプリと、Androidタブレット向けのプレビュー版の「Office」アプリの配信を開始した。既存のiPad向け「Office」アプリも内容を更新し、提供を開始している。いずれも無料で配信されており、基本機能は無料で利用できる。

 今回のモバイル向けラインナップの強化により、新たに「Office for iPhone」が登場する。Word、Excel、PowerPointの各アプリで構成され、iPhoneでも、既存のiPad版アプリと同様の、オフィス文書の簡単な編集や共有が可能になる。

「Office for iPhone」のWord
「Office for iPhone」のExcel

 また、Androidタブレット向けには、製品版の前に提供するプレビュー版として、「Office for Android tablet」の配信が開始された。AndroidタブレットでマイクロソフトのWord、Excel、PowerPointのアプリがそれぞれ利用できるようになった。製品版の提供は2015年初期を予定している。

 マイクロソフトはこれまで、タブレット向けとして「Offiece for iPad」を提供してきた。Word、Excel、PowerPointの各アプリからなり、作成、編集などが可能。iPad向けアプリについても内容を更新したと案内している。

「Office for Android tablet」のWord
「Office for Android tablet」のExcel

(太田 亮三)