ニュース

ソフトバンクのプリペイドサービスを「シンプルスタイル」に改名

 ソフトバンクモバイルは、自分の使用頻度に合わせてスマートフォンや携帯電話が利用できるプリペイドサービスのサービス名称を、11月下旬から「シンプルスタイル」に変更する。現在提供中の「プリモバイル」「プリスマ」から名称を変更するかたちになる。

 「シンプルスタイル」は、3Gに対応したソフトバンクの携帯電話、Androidスマートフォン向けのプリペイド方式の料金プラン。月々の基本使用料が無料で、パケット定額サービスが2日間、7日間、30日間など、目的に応じて期間で選択できる。

 今回のサービス名称変更にあわせて「シンプルスタイル」を新規契約する人を対象に、スマートフォン向けプリペイドサービスで提供しているパケット定額サービスの「30日プラン(7000円)」を、4980円に割引するキャンペーンを実施する。さらに、他社からの乗り換え(MNP)で契約する場合、「30日プラン」が12回目まで3980円となる「MNP割」と、30日プランを12回購入すると13回目以降の料金が3980円となる「長期割」を提供する。

 なお、名称変更日とキャンペーン開始日の詳細は未定となる。

 今回、サービス名称変更の理由についてソフトバンクは「使いたい日数が選べるという“わかりやすさ”と気軽に使えるという“親しみやすさ”をイメージして“シンプル”という表現に変更した」としている。

(川崎 絵美)