ニュース

ソニーの「SmartWatch 3」、11月28日発売

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、Android Wear搭載の腕時計型端末「SmartWatch 3 SWR50」を11月28日に発売する。これまで11月下旬とされていたが、発売日が決定した。価格はオープン価格で、販売予想価格は2万5000円前後。ソニーの直販や家電量販店のほか、ソフトバンク、auでも取り扱う。

「SmartWatch 3 SWR50」

 「SmartWatch 3 SWR50」は、9月の「IFA 2014」に合わせて発表された腕時計型のウェアラブル端末。Android Waer搭載で、Androidスマートフォンと連携してさまざまな通知や情報を確認できる。

 ソニーでは「SmartWatch 3」向けに、独自のライフログアプリや、周囲でかかっている曲の楽曲情報を検索する「TrackID」アプリを提供。また音楽再生機能がAndroid Wear端末に搭載されたことを受けて、スマートフォンの「WALKMAN」アプリと連携する機能も提供する。スマートフォン側の「WALKMAN」アプリでは、スマートフォンで作成したプレイリストと楽曲データを簡単に「SmartWatch 3」に転送でき、プレイリスト単位で再生を行える。

 「SmartWatch 3」のカラーラインナップのうち、ブラックとライムは直販や家電量販店で販売される。ブラックは「au +1 collection」としてauショップ、auオンラインショップで、ホワイトについては「SoftBank SELECTION」としてソフトバンクショップと「SoftBank SELECTION」のオンラインショップでのみ販売される。また、オプションの交換用バンドとしてホワイト、ピンクがラインナップされる。

 どのカラーでも「SmartWatch 3」の本体部分(コア)は共通で、コアをシリコン製のリストバンドから取り外し、交換できる仕組み。ライムとピンクはバンドのデザイン・形状が異なっている。

 「SmartWatch 3」は1.6インチ、320×320ドットの半透過型液晶を搭載。防水・防塵に対応し、加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、GPS、光センサーを搭載する。充電はmicroUSB端子。バッテリー駆動時間は通常使用時で約2日間。大きさは約36×51×10mmで、本体(コア)の重さは約38g、バンドの重さはブラックが約38g、ライムが約36g。

(太田 亮三)