ニュース

東京駅構内をiPhoneとビーコンでナビ、JR東日本

 JR東日本は、日立製作所、大日本印刷と協力して、東京駅でナビゲーションサービスの実証実験「東京駅構内ナビ」を実施する。12月18日より提供される「東京駅構内ナビ」のアプリは、無料で誰でも利用でき、iPhoneとビーコンを使って、東京駅構内のナビゲーションが体験できる。実験は2015年2月28日まで。

 今回の実験では、東京駅構内にビーコンを設置。iPhoneがビーコンから発信される電波を受信すると、アプリで駅構内における現在地を確認できる。目的地までのルート案内も可能で、行内にある案内サインを目印に、どちらの方向へ進むか案内する。また周辺にある施設で方角もわかる周辺確認機能もある。

 対象エリアは、東京駅の1階と地下1階、改札内のコンコース。アプリの対応OSはiOS 7.1.2以上。

(関口 聖)