ニュース

iPhoneの出荷台数シェアは63%、アップルの独走が続く――IDC調査

 IDC Japanは、2014年第3四半期(7〜9月)の国内携帯電話の出荷台数を発表した。

 それによると、2014年第3四半期の国内携帯電話出荷台数は、前年同期比14.8%減の766万台。そのうち、国内スマートフォン出荷台数は前年同期比24.2%減の521万台となり、共に3四半期連続のマイナスとなった。

 IDCではこのマイナスの主要因を、携帯電話事業者の販売奨励金戦略の見直しによる販売台数減少が影響していると見ている。加えて、次期iPhoneの発売前のユーザーの買い控えやAndroidスマートフォンの販売不振による減少傾向も要因に挙げている。

 スマートフォンを含む携帯電話総出荷台数におけるベンダー別シェアは、アップルが8四半期連続で首位の座を維持している。スマートフォン市場がマイナス成長を記録する中、9月後半に発売された「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」が好調で、シェアが43.2%へと上昇した。

 トップ3では、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社に対して、フィーチャーフォンと「AQUOSシリーズ」のスマートフォンを安定供給しているシャープがシェア13.9%を獲得し、前四半期に引き続き第2位に。第3位には、KDDI向けを中心にスマートフォンとフィーチャーフォンを同時出荷している京セラがランクインした。

2014年第3四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別シェア (IDC調査)

 スマートフォンのみの、ベンダー別シェアを見ると、iPhoneの販売好調が続くアップルがシェア63.5%を獲得して第1位。ソフトバンクと米スプリント社との共同開発を行う「AQUOSシリーズ」の出荷増加を果たしたシャープが第2位。続いてドコモおよびKDDI向け「Xperiaシリーズ」の販売が堅調なソニーが、前四半期同様に3位となった。

2014年第3四半期 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別シェア (IDC調査)

(川崎 絵美)