ニュース

荷重センサーで滑りをチェック、Cerevoがスノーボード向けに「SNOW-1」

 ネット接続対応家電の開発などを行うCerevoは、新たにスポーツ用品ブランド「XON(エクスオン)」を立ち上げ、第1弾のスノーボード用製品「SNOW-1(スノウ ワン)」を発表した。年内に発売される予定で、価格は400〜600ドル(約4万8000円〜7万2000円)程度。米国の展示会「2015 International CES」に出展される。

 「SNOW-1」は、シューズとボードを繋げるバインディングに、荷重センサーやBluetooth 4.0モジュールなどを搭載したスノーボード用製品。左右の足元、計8カ所に荷重センサーが搭載されており、重心の位置や荷重のかかり具合を計測。またスノーボードの前後2カ所に曲げを検知するセンサーを装着し、部位ごとでスノーボードのしなり具合もチェックできるようにしている。

 測定したデータをスマートフォンに転送することで、スマートフォンで撮影した動画をあわせて表示したり、GPSで記録した走行データとあわせて滑走したルートを確認することもできる。

 このほか「SNOW-1」のつまさきとかかとにあたる部分には、高輝度LEDを搭載。100m以上、離れた場所から視認できるとのことで、滑りに合わせてLEDが光る。荷重が一定の基準を超えた場合、あるいはボードがしなった場合にLEDを光らせる、という形で設定でき、フォームを改善するために必要な動きができたかどうか、LEDが点灯したかどうかでチェックすることもできるという。

(関口 聖)