ニュース

4.5インチIGZO、コンパクトなハイスペック「AQUOS SERIE mini SHV31」

 シャープ製Android 4.4スマートフォン「AQUOS SERIE mini SHV31」は、コンパクトボディにさまざまな機能を詰め込んだ、auの2015年春モデル。1月下旬に発売される予定。発売まであとわずかだが、現時点での価格は未定だという。

 狭額縁の「EDGEST」を採用するモデルで、約4.5インチ、フルHDのIGZOディスプレイに1310万画素CMOSカメラ(インカメラは120万画素)を装備し、幅が約63mmと持ちやすいサイズに仕上げられた。VoLTEやLTEのキャリアアグリゲーションなど、auの最新サービスや、持っている状態を検知して反応するグリップセンサー、ユーザーに話しかけてくる「エモパー」など幅広い機能をサポートする。

カメラ機能

 1310万画素のCMOSカメラでは、AUTOモードが用意されており、環境にあわせて調整し、リアルタイムで効果を確認しながら撮影できる。フレーミングアドバイザーでは、料理を撮る際、より美味しく見えるよう、アドバイスしてくれる。インカメラでの自撮りでは、本体を動かして今までより広角に撮影できるようになった。

 「リアルタイムHDR撮影」に対応しており、画面で効果を確認しながら撮影することも可能だ。複数枚撮った画像を重ね合わせる手法ではなく、その名のとおりリアルタイムでHDR処理をかけているため、HDR特有の被写体ブレをせずにダイナミックレンジの広い写真を得られる。

 夜景+人物など、暗い場所での撮影時にノイズを大幅に減らす「NightCatchII」にも対応する。また、レンズのF値は1.9となり、明るい写真を撮ることが可能だ。

エモパー

 シャープが開発した「エモパー」は、エモーショナルパートナー(Emotional Partner)から名付けられた機能で、スマートフォンがまるで人格をもったかのようにユーザーへ話しかけてくれる。すでにドコモやソフトバンクの最新モデルには搭載されていたが、auでは初めてサポートされる。

 GPSや加速度センサーなどで得た情報をもとに反応する形で、たとえば端末を落とすと、「痛い」などと話してくる。寝る前などに大きな声で話されるのは迷惑という声を受け、照度センサーで明るさを取り、暗いときだけ小声で話す機能を新たに搭載。他社との違いとして、に「おれんじん」というキャラクターが設定されているのも特徴となる。

仕様

 「コンパクトハイスペックモデル」という位置づけの端末で、最新機能、最新サービスは網羅している。12月から始まった、VoLTEにも対応。通話時の音声がクリアになっているのはもちろん、通話相手と画面を共有したり、書いた文字などを共有する「シンクコール」や、最大30人での同時通話が可能な「ボイスパーティー」も利用できる。他のVoLTE対応モデルと同様、国内での3Gには非対応だ。

 細かなところでは、音量キーがハードキーになった。昨年発売された「SHL25」は音量キーが前面に搭載され、しかもセンサーキーだった。SHV31では、これを従来のスマートフォンと同様の側面に移動。物理キーとして置かれているため、画面をタッチする際に誤って音量キーに触れてしまうことはなさそうだ。

 ディスプレイは4.5インチ、フルHD(1920×1080ドット)で、省電力性能に定評のあるIGZO液晶。チップセットはMSM8974AB(2.3GHz駆動、クアッドコア)で、16GBのストレージ、2GBのメモリを備える。microSDスロットも備え、最大128GBのmicroSDXCに対応する。LTEのキャリアアグリゲーション、WiMAX 2+(キャリアアグリゲーション非対応)に対応する。

 おサイフケータイ(NFC対応)、ワンセグ(フルセグ非対応)、赤外線通信、Bluetooth 4.0、Wi-Fi、防水(IPX5/8)対応となる。バッテリー容量は2120mAh。大きさは約63×124×9.9mm、重さは約118g。連続待受時間は約540時間、連続通話時間は約1040分。シアン、マゼンタ、ホワイト、ブラックの4色が用意される。

(関口 聖/石野 純也)