ニュース

ジュニア向けスマホ「miraie KYL23」、耐衝撃で子供向けスマパスも

 京セラ製「miraie」(ミライエ、型番:KYL23)は、小学校3年生〜6年生の子供の利用を想定した、ジュニア向けスマートフォン。保護者による管理機能を備え、子供向けの「auスマートパス」も用意される。1月下旬に発売される予定。

 特徴を示すキーワードは「安心・安全」「丈夫」「充実」。安心・安全は、フィルタリング対応のWebブラウザや、アプリ・使用時間などを保護者が制限できる機能、そして防犯ブザーのこと。たとえばフィルタリングについては、Webブラウザ側での対策となるため、Wi-Fi経由でブラウジングしても、きちんとフィルタリングが動作するのだという。

 「丈夫」は、防水・防塵。耐衝撃性能のこと。たとえばディスプレイ表面のガラスには、高強度のDragontrail Xを採用し、耐衝撃性能はいわゆるMILスペックとなる。「充実」は子供向けのauスマートパスとなる。なお、Google Playには非対応。購入制限や年齢認証機能を備えた「制限付きLINE」が用意される。

 Webブラウザのフィルタリング機能は、小学生向けと中学生向けの2段階が設定可能で、デフォルトでは小学生向けが設定されている。たとえばYouTubeは小学生向けだと表示できないが、中学生向けだと表示できる。フィルタリングを解除することはできない。フィルタリングの強度とは別に、アクセスを許可するホワイトリストも設定できる。

 Google Playには非対応で、各種Google製アプリは利用できず、Googleアカウントも設定できない。ちなみにGoogleアカウントは日本国内において、13歳以上しか所有できない規約になっている。miraieがメインターゲットとする小学生以下のユーザーは、Googleのサービスをもともと利用できないため、Google PlayやGmailといったGoogle製アプリを搭載していない。

 アプリはすべてauスマートパスなどauの公式サイトからダウンロードする。miraieからは特別版のauスマートパスにアクセスすることになり、配信されるアプリのラインナップが通常版とは異なる。保護者向け設定メニューから「提供元不明アプリのインストールを許可する」の設定をオンにすることで、アプリファイルを直接インストールすることも可能だが、推奨される利用方法ではない。

 このほか、ユニークな機能として、「うざい」「キモい」「バカ」など他人を傷つけるような言葉が入力されると、「ちょっとまって!」と警告が表示される。入力自体は可能だが、警告を出すことで、文字でのコミュニケーションスキルを向上させる狙いだという。また、入力された場合は、あとで保護者向け設定メニューから入力履歴を参照できるようになっている。この機能は日本語入力システムのiWnnの特別版に組み込まれているもので、いかなるアプリ上でも機能する。

 電話の宛先なども限定する機能があり、基本状態では連絡先リストに正規に登録された連絡先にしか電話はかけられない。子ども側でも新しい連絡先を追加することは可能だが、その時点では仮登録の扱いで、その後、保護者がパスワードを入力して正式に登録されないと、電話をかけたりはできない。

 側面にある専用ボタンを長押しし、さらにもう一度長押しすると、防犯ブザーが動作する。防犯ブザーの動作時、指定した連絡先に位置情報や周囲の写真をメールで送信する機能もある。専用ボタンは右側面の下側、少しへこんだところにあり、成人が押すには若干難しいが、子どもが押しやすいデザインになっているという。これは、mamorinoなどで誤作動するという意見に対応したためとのこと。

 このほか、KDDIが提供する親子向けのケータイ利用ガイドWebサイト「子どもとケータイファミリーガイドON WEB」は、同端末の発売に合わせ、スマートフォン版も提供される。同サイトはmiraie以外の端末からも利用できる。

仕様

 ディスプレイは4.5インチ、960×540ドットで、800万画素カメラ(インカメラは200万画素)を搭載する。

 miraieの発売に合わせ、カバージャケットなどのアクセサリー商品がオンラインショップや直営店で販売される。また、miraie購入時に利用者が小学生以下の場合、月額3920円(月間0.5GBまで)の「ジュニアスマートフォンプラン」が選択でき、「アップグレードプログラム(ジュニア)」も無料で付属する。詳細は別記事で解説する。

 チップセットはMSM8926(1.2GHz駆動、クアッドコア)で、8GBのストレージ、1.5GBのメモリを備える。テザリングやBluetooth 4.0をサポート。LTEには対応するが、VoLTE、WiMAX 2+、ワンセグ/フルセグ、赤外線通信、おサイフケータイなどは利用できない。

 大きさは約64×128×11.2mm、重さは約134g。連続待受時間はLTEで約440時間、3Gで約530時間、連続通話時間は約1070分。ボディカラーはピンクソーダ、メテオブルー、シトラスホワイトの3色で各色に合わせたパッケージで販売される。

(関口 聖/白根 雅彦)