ニュース

月額300円、18カ月利用すると残りの割賦が0円になる「アップグレードプログラム」

 KDDIと沖縄セルラーは、2月6日より、「アップグレードプログラム」を提供する。利用料は月額300円(税抜、以下同)。このプログラムに加入すると、24カ月間の割賦契約の後、18カ月間、端末を利用すると割賦の残債が0円になる。手軽に機種変更できる仕組みとして提供される。

 「アップグレードプログラム」は、対象機種購入時に加入し、24カ月の割賦契約が必要。18カ月間利用するとそれまで使っていた端末の割賦残債が0円になる。権利が生じる19カ月目〜割賦返済が終了する25カ月目のどこかで機種変更する場合、月数分の利用料(300円×数カ月分)は返金される。たとえば21カ月目で機種変更すると、2カ月分の料金600円が返金されることになる。

 もし権利を行使せずに機種変更した場合、あるいは26カ月目以降に機種変更すると、プログラム料金の全額が返金される。返金は、au WALLETへのチャージという形。プログラムの解約、回線の譲渡や一時休止、解約時に返金は行われない。18カ月以内の機種変更についても返金の対象外となる。

 「ジュニアスマートフォン」向け専用プランでは、特典として「アップグレードプログラム(ジュニア)」が付属する。こちらは36カ月の割賦契約をした場合、18カ月経つと利用できる。

 当初の対象機種は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、INFOBAR A03、AQUOS SERIE mini SHV31の4機種。今後登場する機種は対象になるかその都度検討される。発売済で対象外の機種については、対象に加わる予定はない。また、下取りプログラムの対象機種の場合、「アップグレードプログラム」と下取りのどちらを利用するか、選ぶことになる。

(関口 聖)