ニュース

パナソニック、デジカメ×スマホの「LUMIX CM1」を3月発売、2000台限定

 パナソニックは、1インチの高感度MOSセンサーやライカレンズを搭載し、さらにLTE方式の通信をサポートしてSIMロックフリーのスマートフォンとしても利用できる「LUMIX DMC-CM1」を3月12日に発売する。オープンプライスだが、店頭価格は12万円前後になる見込み。2000台の限定発売とのことで、売り切れた場合は、追加販売するかどうか、別途検討していく。

 「CM1」は、欧州で先行して発売されている、スマートフォンとしての機能も備えるデジタルカメラ。OSはAndroid 4.4。パナソニックでは「共有するコミュニケーションカメラ」としている。1インチサイズの高感度MOSセンサー、新開発で広角の「28mm、F2.8 LEICA DC ELMARIT(エルマリート)レンズ」を搭載する。絞りやシャッタースピード、クリエイティブコントロールなどを設定できるコントロールリング、新開発のアプリ「4Kプリ連写」がプリセットされる。

 販路については健在調整中とのことだが、大型店での販売が見込まれている。

主な仕様

 カメラの有効画素数は2010万画素。LEICA DC ELMARITレンズは5群6枚(非球面6面3枚)で、オートフォーカス、マニュアルフォーカスなどをサポート。焦点距離は10cm〜。最大4倍のデジタルズームをサポートする。LEDフラッシュを内蔵する。JPEG/RAWで撮影できるほか、最大4K/15fpsの動画(MP4)や30fpsのフルHD動画も撮影できる。スマートフォンとして利用できるということで、107万画素ののインカメラも搭載する。なお、RAWの画像用パソコンソフトは同梱されていないとのことで、RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio SEバージョン」の利用が案内されている。

 ディスプレイ(モニター)は、4.7インチのTFT。対応するモバイル通信方式は、LTE(FDD方式、バンド1/3/4/5/7/8/20)、W-CDMA方式(バンドI/IV/V/VIII)、GSM方式となる。Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0、NFC、GPSもサポート。チップセットはSnapdragon 801(2.3GHz駆動、クアッドコア)。ストレージは16GB、メモリは2GB。

 大きさは約135.4×68.0mm×21.1mm(ボディ部の薄さは15.2mm)。重さは約204g。連続待受時間はW-CDMA/LTEのエリアで約630時間、連続通話時間は3Gで約12時間。

(関口 聖)