ニュース

auの2015年春モデル「AQUOS SERIE mini」「miraie」発売日決まる

 KDDIと沖縄セルラーは、2015年春モデル「AQUOS SERIE mini SHV31」「miraie KYL23」を発売する。「AQUOS SERIE mini SHV31」は29日、「miraie」は30日に発売される。

AQUOS SERIE mini

 「AQUOS SERIE mini SHV31」は、4.5インチでフルHDのIGZOディスプレイ、約1310万画素CMOSカメラを搭載するシャープ製のAndroid 4.4スマートフォン。コンパクトなハイスペックモデルという位置付けで、VoLTEやWiMAX 2+、LTEのキャリアアグリゲーションなどをサポート。チップセットはMSM8974AB(2.3GHz駆動、クアッドコア)で、ストレージは16GB、メモリは2GBとなる。詳細は発表時の記事をご覧いただきたい。新サービスの「アップグレードプログラム」対象機種でもある。

AQUOS SERIE mini SHV31

 価格は新規・機種変更ともに、一括払いの場合6万8040円(税込、以下同)。毎月割の総計は3万5640円(24回払いの場合、1カ月あたり1485円)で、2年間利用した場合の実質負担額は3万2400円。

miraie

 一方の「miraie KYL23」(京セラ製)は、小学校3年生〜6年生の子供をターゲットにしたスマートフォン。Google Playは非対応、保護者による管理機能、あるいは不適切な言葉が入力されると警告する機能などを備える。子供向けということで、専用の料金プラン(36カ月契約)が用意される。こちらも詳細は発表時の記事をご覧いただきたい。

 こちらの価格は3万8880円。毎月割は同額で、2年間利用時の実質負担額は0円となる。

miraie

(関口 聖)