ニュース

京セラ、Windows Phone搭載スマホのプロトタイプをMWCで披露

ソーラーチャージ対応のTORQUEも

 京セラは、3月2日からスペイン・バルセロナで開催される通信関連の展示会「Mobile World Congress(MWC) 2015」でWindows Phone 8.1を搭載したスマートフォンのプロトタイプを展示すると発表した。

 国内においては、マウスコンピューターが23日にWindows Phone搭載スマートフォンの開発に着手していると発表されているが、京セラでもWindows Phone 8.1を搭載したスマートフォンを開発していることが明らかになった。京セラでは、Windows Phone 8.1をインストールした高耐久モデルのプロトタイプを展示するとしており、TORQUEシリーズのようなWindows Phone端末が披露されるものとみられる。

 京セラでは、フランスのSunpartner Technologies社と共同開発した技術「Wysips Crystal」により透明なフィルム型ソーラー発電モジュールを端末前面に搭載することで、太陽光充電を可能にしたスマートフォンのプロトタイプも展示する。

 このほか同社では、欧州で今春発売予定の「TORQUE KC-S701」や、高耐久スマートフォンの新たな利用シーンを提案するデザインコンセプトを披露する予定。

(湯野 康隆)