ニュース

電話番号をNFCで切り替え───ドコモがアプリ版「ポータブルSIM」開発

 NTTドコモは、携帯電話番号などの加入者識別情報(SIM情報)をタッチ操作だけで別端末へ切り替えるためのソフトウェアを開発した。同じくドコモが開発中の「ポータブルSIM」の機能を専用機器不要で実現したもの。SIMカードを抜き差しすることなく回線認証に必要な情報をやりとりできるという。

新開発ソフトウェアの利用イメージ図

 今回発表されたソフトウェアは、おもにIoT機器の利用を容易にする目的で開発された。例えば、SIMカードの装着されていないIoT機器に対し、別のスマートフォンのSIM情報を一時的に移すといったことができる。

 ドコモが2014年6月に公開した「ポータブルSIM」は、SIM情報の受け渡しを媒介するための小型機器という位置付け。対して、今回発表したソフトウェアでは、対象端末同士を直接タッチさせ、NFCおよびBluetoothでSIM情報を受け渡せるようにした。

 実際の利用にあたっては、ドコモが開発したAndroidアプリと、クアルコムが開発した制御用ソフトウェアの連携が必要となる。なお、2015年夏発売のクアルコム製チップセットには、この制御用ソフトウェアが搭載される予定という。

「ポータブルSIMアプリ」の画面イメージ。“SIMカード貸出”がタッチで行える。

(森田 秀一)