ニュース

Apple Watchは4月24日発売、4万2800円〜

 Appleは、2015年4月に発売とアナウンスしていた腕時計型デバイス「Apple Watch」を4月24日より発売する。この発売日には日本も含まれる。北米で現地時間9日に開催された同社のイベントで明らかにされた。予約は4月10日からで、同時に製品の展示も開始される。日本では東京の伊勢丹など限られた店舗で試着が行えるようになる。

 価格はサイズやバンドの種類により異なり、スポーツ向けの「Apple Watch Sport」が4万2800円(税別、以下同)〜、標準的な「Apple Watch」が6万6800円〜、宝飾モデル「Apple Watch Edition」が128万円〜となっている。

 「Apple Watch」は、2014年9月9日(現地時間)に開催された「iPhone 6」などを発表したイベントで同時に発表され、概要が先行して公開されていた腕時計型のウェアラブルデバイス。その後、決算発表の席で4月に発売する旨がアナウンスされていた。

 今回開催されたイベントでは、発売日や価格が発表されたほか、操作方法や機能、スペックなども改めて紹介された。

Apple Watchの機能

 Apple Watchはフルカラーディスプレイを搭載する腕時計型のウェアラブルデバイス。画面をタッチで操作するほか、側面のリュウズ型コントローラーやボタンでも操作できる。また、スピーカーとマイクを搭載し、Siriの音声コマンド機能を使ったり、音声で文字を入力したりできる。

 ディスプレイには感圧センサも内蔵されており、軽く触れたタップ状態と強く押すプレスの違いも認識され、別々の操作に使えるようになっている。「Taptic Engine」と呼ばれる駆動装置が内蔵され、震動による触感を手首に伝える機能もある。

 加速度センサーを内蔵し、着用者の運動量を測定することもできる。手首に接する内側には心拍センサーも内蔵し、運動中の運動量を測定することもできる。心拍数センサーは光学式。

 Wi-Fi(IEEE802.11b/g/n)とBluetooth 4.0でiPhoneと連携し、必要に応じて通信機能を使い分ける。3G/LTEには対応せず、iPhoneと連携させて利用するデバイスとなっている。

 iPhoneからは、iOS 8.2に搭載される管理アプリ「Apple Watch App」を使って各種設定やアプリのインストールなどを行なう。iOS 8.2は発表イベントと同時に配信が開始されており、アップデートするとApple Watch Appも自動的に追加される。Apple Watchを利用するには、iPhone 5以降のiPhoneが必要となる。

 Apple Watch本体はIPX7等級の「耐水性能」があるが、アップルの商品情報ページでは「防水性能はありません」とされ、水に浸すことは推奨されていない。充電には専用の非接触充電アダプタを利用する。充電アダプタは本体の内側部分に磁石で吸着するようになっている。

 連続駆動時間は約18時間とアナウンスされている。内訳としては、18時間のあいだに90回の通知、45分のアプリ使用、30分の音楽再生を伴うエクササイズという想定でテストが行なわれている。

 Apple WatchにはさまざまなiPhoneと連携する機能が搭載される。時計機能は、iPhoneと時刻を同期させることで、正確な時刻に自動調整される。さまざまなデザインの文字盤が用意されるが、そこからカラーを選んだり、日付やタイマー、世界時計、天気といった情報を文字盤に追加することもできる。

 コミュニケーション機能も重視され、側面のボタンを押すと、「友達」のリストが表示され、そこから電話をかけたり、Apple Watch同士専用の独自コミュニケーションアプリ「Digital Touch」などを利用できる。Digital Touchは画面に描いた絵を相手に送ったり、タップや心拍を震動として相手とやり取りできる。

 このほかにもiPhone側の各種アプリの通知がApple Watchにも表示される。アプリ側で実装されていれば、Apple Watch上で返信操作なども可能で、発表イベントでは、チャットアプリ「WeChat」の通知をApple Watch上で確認し、そのまま音声入力やスタンプで返信するというデモが披露された。メールも本文を読むだけでなく、そのままフラグを付けたり削除するといったこともApple Watch上で行なえる。

 健康関連機能としては、「ムーブ」と「エクササイズ」、「スタンド」という3つの指標を使った独自のアクティビティトラッカー機能を搭載する。この3つのパラメーターは3つの円で示され、専用アプリだけでなく、時計の文字盤に表示することもできる。

 このほかにも、サードパーティ製のアプリを追加することも可能。開発環境の「WatchKit」はすでに開発者向けに公開されており、AppleのWebサイト上ではさまざまなサードパーティ製Apple Watch向けアプリの情報が公開されている。発表会では「Uber」のアプリでタクシーを呼んだり、航空会社のアプリで搭乗券を表示させたり、ホテルのアプリで自室のドアを開けたり、「Shazam」で音楽を検索するといったデモが紹介された。

3つのラインナップそれぞれにサイズ・バンド違いのモデルを用意

 ラインナップとしては、軽量でスポーツ向けとする「Apple Watch Sport」、標準的な「Apple Watch」、宝飾モデル「Apple Watch Edition」の3つのラインナップで展開する。

 それぞれのモデルには38mmと42mmの2種類の本体サイズがあり、さらに標準で付属するベルトや本体のカラーも複数用意され、「Apple Watch Sport」が10モデル、「Apple Watch」が20モデル、「Apple Watch Edition」で8モデルのバリエーションが用意される。

アルミ製ケース「Apple Watch Sport」

 Apple Watch Sportは酸化皮膜処理アルミニウムの本体と、風防にIon-Xというアルミケイ酸ガラスを組み合わせたモデル。本体はマットな表面仕上げで、8モデルがシルバー、2モデルがブラックとなっている。全モデルがエラストマー製のバンドで統一され、38mmモデルが4万2800円、42mmモデルが4万8800円となっている。

 本体のサイズは38mmモデルが38.6×33.3×10.5mmで重さは25g、42mmモデルが42.0×35.9×10.5mmで、本体の重さは30g(バンドを含まず)。

「Apple Watch Sport」

ステンレス製ケース「Apple Watch」

 「Apple Watch」は冷間鍛造ステンレススチールの本体と、風防にサファイアクリスタル製のフロントパネルを組み合わせたモデル。18モデルがシルバーの鏡面仕上げで、2モデルがブラックとなっている。モデルごとに標準添付されるバンドの種類が異なり、最大で6万円の価格差がある。

 本体のサイズは38mmモデルが38.6×33.3×10.5mmで重さは40g、42mmモデルが42.0×35.9×10.5mmで重さは50g(バンドを含まず)。

「Apple Watch」

18金製ケース「Apple Watch Edition」

 「Apple Watch Edition」は18金の本体と、風防にサファイアクリスタルを使った宝飾モデル。18金の本体はローズゴールドとイエローゴールドの2種類が用意され、価格はもっとも安いモデルで128万円、最も高いモデルでは218万円となっている。

 本体のサイズは、38mmモデルが38.6×33.3×10.5mm。イエローゴールドの重さが55g、ローズゴールドの重さが54g。42mmモデルの大きさは42.0×35.9×10.5mmで、イエローゴールドの重さが69g、ローズゴールドの重さが67g(いずれもバンドを含まず)。

「Apple Watch Edition」

 バンドはApple Watch向けにデザインされた専用のもので、汎用の腕時計向けバンドは利用できない。38mmと42mm向けにそれぞれ付け替え用のバンドがオプション品として販売され、一部のバンドには手首の太さに合わせるために複数のサイズが用意される。バンドの重さは16〜75g。

 Apple StoreのWebサイトではサイズ選定のガイドがPDFで公開されている。

価格

「Apple Watch Sport」の価格(円)
本体ケースとバンド 38mmモデル 42mmモデル
シルバーアルミニウムケース+ホワイトスポーツバンド 42800 48800
シルバーアルミニウムケース+ブルースポーツバンド 42800 48800
シルバーアルミニウムケース+グリーンスポーツバンド 42800 48800
シルバーアルミニウムケース+ピンクスポーツバンド 42800 48800
スペースグレイアルミニウムケース+ブラックスポーツバンド 42800 48800
「Apple Watch」の価格(円)
本体ケースとバンド 38mmモデル 42mmモデル
ステンレススチールケース+ホワイトスポーツバンド 66800 71800
ステンレススチールケース+ブラックスポーツバンド 66800 71800
ステンレススチールケース+ブラッククラシックバックル 77800 83800
ステンレススチールケース+ミラネーゼループ 77800 83800
ステンレススチールケース+モダンバックル 89800 --
ステンレススチールケース+ブラックレザーループ -- 83800
ステンレススチールケース+ミッドナイトブルーモダンバックル 89800 --
ステンレススチールケース+ブライトブルーレザーループ -- 83800
ステンレススチールケース+ソフトピンクモダンバックル 89800 --
ステンレススチールケース+ストーンレザーループ -- 83800
ステンレススチールケース+ブラウンモダンバックル 89800 --
ステンレススチールケース+ライトブラウンレザーループ -- 83800
ステンレススチールケース+リンクブレスレット 113800 119800
スペースブラックステンレススチールケース+スペースブラックリンクブレスレット 126800 132800
「Apple Watch Edition」の価格(円)
本体ケースとバンド 38mmモデル 42mmモデル
18Kローズゴールドケース+ホワイトスポーツバンド 1280000 1480000
18Kイエローゴールドケース+ブラックスポーツバンド 1280000 1480000
18Kローズゴールドケース+ロースグレイモダンバックル 2180000 --
18Kイエローゴールドケース+ブラッククラシックバックル -- 1880000
18Kイエローゴールドケース+ブライトレッドモダンバックル 2180000 --
18Kイエローゴールドケース+ミッドナイトブルークラシックバックル -- 1880000

(太田 亮三/白根 雅彦)