ニュース

富士通のSIMフリースマホ「ARROWS M01」、大手家電量販店でも販売

 富士通は、SIMフリーのAndroidスマートフォン「ARROWS M01」が3月21日より家電量販店8社の店頭で販売されると発表した。

ARROWS M01(ホワイト)
ARROWS M01(ブラック)

 これまでARROWS M01は、イオンリテール(イオンスマホ)、ニフティ(NifMo)、フュージョン・コミュニケーションズ(楽天モバイル)の3つの販路で販売されてきたが、3月21日からは家電量販店の店頭での取り扱いが開始される。新たに同端末を取り扱うのは、エディオン、コジマ、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ピーシーデポコーポレーション、ヤマダ電機、ヨドバシカメラの8社。

 このほか、ITX(スマホの窓口 スマート・スマート)、秋田ケーブルテレビ、NTTレゾナント(goo Simseller)、鹿沼ケーブルテレビ、コミュニティネットワークセンターグループ各社、長崎ケーブルメディアの6社の販路においても3月21日より販売が開始される。

 販売価格については、それぞれの販路で異なる可能性もあるが、従来の販売ルートでの一括価格は3万6720円(税別)となっており、これに準じた価格で販売されるものとみられる。

(湯野 康隆)