ニュース

ドコモが2種類のペット保険サービス

 NTTドコモは、犬・猫を対象にしたペットの保険サービス「ドコモのペット保険」を4月1日より開始する。トータルケア、手術ケアの2つが用意されている。ドコモの回線を契約しているユーザーは月の利用料に合算して支払える。ドコモ以外のユーザーも申し込める。

 今回提供される「ドコモのペット保険」は、通院から手術まで補償する「ドコモのペット保険 トータルケア」と、手術費用の補償に特化した「ドコモのペット保険 手術ケア」の2種類からなる保険サービス。犬、猫を対象にしている。

 トータルケアについては、費用の70%を年間最高122万4000円まで補償する「トータルケア (70%)」と、同様に50%で年間最高72万8000円まで補償する「トータルケア (50%)」の2つが用意されている。

 「ドコモのペット保険 手術ケア」ではトータルケアより毎月の料金が抑えられ、手術費用の90%が補償される。

 保険料に相当する利用料は、犬の場合は犬種に応じた3つの区分と年齢によって決まり、猫は猫種によらず年齢で決まる形になっている。保険期間は1年単位。

 例えばトイプードルは「小型犬・犬I」に区分され、0歳の場合、トータルケア50%では月額2040円、トータルケア70%では月額2530円、手術ケアでは月額800円となっている。猫の場合は0歳の場合、トータルケア50%では月額2160円、トータルケア70%では月額2690円、手術ケアでは月額600円など。

 同サービスはドコモがアイペット損害保険とペット医療費用保険およびペット手術費用保険の包括契約と募集代理店業務委託契約を締結し、アイペット損保を引受保険会社として提供されるサービスとなっている。

(太田 亮三)