ニュース

子供の見守り「ドコッチサービス」4月4日開始

腕時計型端末「ドコッチ 01」も同時発売

 NTTドコモは、子供向けの見守りサービス「ドコッチサービス」を4月4日から開始する。子供向けの腕時計型端末「ドコッチ 01」も4月4日に発売する。ライトブルーは4月上旬に発売される予定。端末「ドコッチ 01」のドコモオンラインショップでの価格は、新規(追加)で8424円(税込)、既存回線からの機種変更で1万3608円(税込)。

「ドコッチ 01」ホワイト
「ドコッチ 01」ライトブルー

「ドコッチサービス」

 「ドコッチサービス」は、子供が装着する専用端末「ドコッチ 01」と組み合わせて、子供の様子の確認や、スマートフォン用アプリで迷子防止などの機能を提供するサービス。「イマドコサーチ」と連携して端末から位置情報の発信や、家族が確認するといった機能も提供される。

「ドコッチサービス」利用イメージ

 スマートフォンやパソコンから利用できるWebサイトからは、「ドコッチ 01」について運動中、活動中、安静、非装着の4種類の状態を確認できるほか、周囲の温度と湿度も確認できる。

 「イマドコサーチ」を契約すると、GPSによる位置情報を確認でき、子供がSOSボタンを押すことで保護者に位置を知らせることもできる。登録された定型文によるSMSのやり取りも可能。

 スマートフォン用に用意される「ドコッチおでかけアプリ」を利用すれば、保護者のスマートフォンと「ドコッチ 01」をBluetoothでペアリングでき、一定距離を離れると通知する迷子防止機能を利用できる。同アプリでは「ドコッチ 01」の設定変更も行える。「ドコッチおでかけアプリ」の対応OSはAndroid 4.3〜、iOS 8.0〜。

「ドコッチ 01」

 「ドコッチ 01」はファーウェイ製の腕時計型端末。単体でW-CDMA(2.1GHz/800MHz)の通信機能を備えるほか、GPS、Bluetooth 4.0、加速度センサー、温湿度センサー、IPX5の防水、IP5Xの防塵性能を備える。ディスプレイは約1.3インチ。

 内蔵バッテリーは300mAhで、連続待受時間は約72時間。大きさは約44×44×15mmで、重さは約46g。SIMカードのサイズはnanoSIMカードサイズ。

「ドコッチ 01」料金プラン

 「ドコッチ 01」の利用には、付加機能使用料として月額280円(税抜、以下同)が必要。

 対応する料金プランは3種類で、既存回線のパケットをシェアする「デバイスプラス500」(2年契約)が月額500円、「定額データプラン128Kバリュー」が2年契約の割引込みで月額1505円、「定額データプラン スタンダード2 バリュー」が2年契約の割引込みで月額2381〜5700円。

(太田 亮三)