ニュース

iPhone 6でVoLTE、ドコモとソフトバンクも対応

 4月9日に配信されたiOS 8.3とキャリア設定の更新により、NTTドコモ、KDDI・沖縄セルラー(au)、ソフトバンクモバイルのiPhone 6とiPhone 6 Plus(以下iPhone 6)で、VoLTEが利用できるようになった。iOS 8.3のアップデート自体については別記事で掲載しているほか、au版iPhone 6のVoLTEについてもすでに掲載している。本稿ではドコモとソフトバンクについてまとめた。

NTTドコモ

 ドコモが販売したiPhone 6は、iOS 8.3へのアップデートとキャリア設定のアップデートにより、ドコモのLTEエリアでVoLTEが利用できるようになる。

 iOSのアップデート後、設定の4G通信の部分に「音声通話およびデータ」という項目が追加され、ここが有効になっていると、VoLTEを利用できる。

 ドコモ版iPhone 6ではこの項目がデフォルトでオンになり、設定を変更する必要なくVoLTEを利用できる。VoLTEの利用についてオプション契約は不要で、料金プランや通話料も従来と同じ。

 ドコモではAndroidのVoLTE対応端末において、テレビ通話機能「ビデオコール」を提供しているが、ビデオコールはiPhone 6では利用できない。

 SIMロックフリーのiPhone 6でドコモの契約の回線を利用した場合や、ドコモ版iPhone 6でドコモのLTE網に対応するMVNOのSIMカードを利用した場合、VoLTEの利用はドコモの保証の対象外だが、理論上は利用できるとみられる。

ソフトバンク

 ソフトバンク版iPhone 6では、iOS 8.3へのアップデートとキャリア設定のアップデートに加えて、ソフトバンクのオプション契約として「VoLTEオプション(月額無料)」を申し込むことで、VoLTEを利用できるようになる。対象ユーザーにはSMSでVoLTEに対応した旨や手順などが案内される。

 iOSのアップデート後、設定の4G通信の部分に「音声通話およびデータ」という項目が追加され、ここが有効になっていると、VoLTEを利用できる。

 「待ちうた」などの、VoLTEで利用できないサービスを現在契約していないユーザーについては、順次「VoLTEオプション(月額無料)」が自動的に付与される。また、ユーザー自身で申し込めば、すぐに「VoLTEオプション」が有効になるという。申し込みはMy SoftBankかソフトバンクショップで行える。

(太田 亮三)