ニュース

スマホ向け4K液晶、シャープが開発

5.5インチで3840×2160ドット、精細度は806ppiに

 シャープは、スマートフォン向けに5.5インチで4K解像度のIGZO液晶パネルを開発したと発表した。2016年をめどに量産化されるとみられる。

5.5インチで4K解像度のIGZO液晶パネル

 発表されたディスプレイは、5.5インチで、3840×2160ドット(UHD)、密度は806ppiに達するIGZO液晶ディスプレイ。表示エリアは121×68mm。同社では、「将来商品化が予想される4Kスマートフォンの開発に貢献する」としている。

 高開口率化技術の開発により、画素サイズは、一般的な4.7インチ、1280×720ドットの27μm×3の画素サイズと比較して、今回の4K IGZOパネルは10.5μm×3と、約1/4のサイズになっている。シャープはIGZOのTFT構造の技術革新により高精細化を実現できたとする。

 シャープでは、今後、4Kテレビや4K液晶搭載のパソコン、タブレットの普及が見込まれるとし、スマートフォンも4K液晶に対応することで、相互連携や4Kプラットフォームの普及が加速するとしている。

 シャープは中国で開催された展示会「CITE 2015」に出展、その中で今回の4K液晶パネルを初公開した。

 同社は同時に、「タッチパネル上の多点の入力信号を一括して検知処理できる並列駆動方式」などを採用した技術として、「フリー・ドローイング・タッチパネル」を発表、この技術を応用することで高感度な「インセル型タッチパネル」を開発し、今夏を目処にスマートフォン向けとして量産を開始すると発表している。

(太田 亮三)